コンサル

2014.11.9

  • 0
  • 0

繁忙期にするべき販促

本日最初の記事です。
こんばんわ!かっちゃんです。

我らがガナーズも年末年始の繁忙期へ向けて、慌ただしく行動しています。

スタッフみんながPOPを貼り替え、ニューズレターも正月版に模様替え、チラシの構想もキューピッチに進め、今日、営業終了後から、今、ようやくDMが完成しました!

スクリーンショット 2014-11-08 12.14.46
今回のDMの目的は、ご無沙汰のお客さんへの来店促進です。
客数を増やすために、ボクは3つの販売促進を実施します。

一つは、新規集客。

既に他店に通っているお客さん、自分に合った美容室を探しているお客さん、正直、これらのお客さんへの来店促進は、めちゃくちゃ厳しい。お店のことを知らない人に、お店の良さを伝えて、いいな~と思って頂き、わざわざご足労願うわけですから、ハードルもめっちゃ高いし、下手した価格競争に巻き込まれちゃうし、コストだってバカになりません。

スクリーンショット 2014-11-08 12.15.16

二つ目、

来店頻度の促進です。もう既にお店のことを好きでいてくれるお客さんに、もうちょっとだけ、早く来店していただく、そのための販促です。その方法は二つあります。まずは、即効性はありませんが、今後のために、という販促。メール予約への移行です。メールアドレスを登録していただく、そのメールアドレスに来店時期をお知らせするという販促です。例えば、一月に一度来店するお客さんがいたとします。そのお客さんに三日早く来店してもらうことで、一年に換算すると来店回数が一回増えるわけです。大抵のお客さんは来店頻度をきっちり計算している人は少なく髪を切りたいと思ってから、少なくとも三日以上は、後にずれ込んでることが想像できます。来店時期をお伝えすることは意外にもお客さんに喜ばれるサービスだという認識があり、とっても効果的なんですよね。

そしてもう一つはDMです。有効期限付きの特典を差し上げることで少々強引だけど、来店時期を早めていただく販促です。

スクリーンショット 2014-11-09 17.34.43
最後に3つ目。

またまたDMです。一度でも来店していただいたことがあるお客さんへの再アプローチです。一度でもいいから、お店に来たことがある。お店のことを知っているお客さんへのアプローチは、案外ハードルが低いんですよね。お店側からしてみたら、嫌われてるんじゃないか?なんて勘ぐってしまうとこでしょうけど、実はお客さんが再来しない理由の多くは忘れてしまってるからなんですよね。えー、ホントなんですよ。思い込みってホント怖い…自分がお客さんの時のこと思い出してくださいよ。気に入ってはいる、でも、まだ再来していないお店なんて山ほどありますよね?

いかがでしょうか?

ツラツラっとお伝えしましたが、まだ間に合いますよ!!年末年始の販促^ ^

あ、もし、自分ひとりじゃできないよ!って方いましたら、フロリダ族なんていかがですか?笑

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP