サッカー馬鹿

2020.2.23

浦和レッズを圧倒した新生湘南ベルマーレの珠玉のプレー【7選】2020明治安田生命J1第1節 湘南vs浦和レビュー

❷ 緩急つけたドリブル突破で右サイドを制圧した広教

石原広教

J2福岡での武者修行から戻ってきた石原広教。

VARでPKを獲得したシーンをはじめ、持ち前の突破力を発揮した広教のプレーも圧巻だった。

目を引いたのは、25分の山中とのマッチアップだ。緩急つけたドリブルで翻弄、相手が追いついてくると、続けざまにワンフェイクで振り切る。このシーンは山中のスライディングで辛うじてCKに逃れられたが、この日の浦和のウィークを晒した影のビッグプレーだったはず。

ルヴァンカップ大分戦につづいてフル出場を果たした広教に「こんなに逞しくなってるなんて」と感嘆の声が溢れていた。

逆サイドの冬一と共に、SHが高い位置でプレーできていたことが、湘南に勢いを与えた大きな要因になっていた。

 

NEXT→『先制ゴールの直樹、ボールを呼び込む巧みなポジショニングはさすがの一言』

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP