サッカー馬鹿

2020.2.23

浦和レッズを圧倒した新生湘南ベルマーレの珠玉のプレー【7選】2020明治安田生命J1第1節 湘南vs浦和レビュー

❺ 湘南スタイルを踏襲、3CBの攻撃参加

岡本拓也

ハイラインを保ち、積極的にオーバーラップを繰り出す3CBは今季も健在だ。

新キャプテンの岡本拓也が加わり、センターに坂圭祐、大分戦とは異なり左SBに入った大岩一貴。

大岩一貴

4分のプレーのような、サイドチェンジを狙った岡本のロングフィードや、冬一とのコンビネーションで左サイドを抜け出しクロスを放る大岩、機を見て一気に敵陣ペナルティエリアまで侵入を試みる坂。

顔ぶれは変わっても湘南スタイルは、着実に受け継がれている。

守備面においても、アンカーと両SHとの連携も良く、サイドチェンジにもきっちりと対応。

ただし、新システムを採用した浦和は、サイドの選手が中央に侵入するケースが多く、捕まえきれないシーンも多々あり、この辺りは課題なのだろう。

坂 圭祐

 

NEXT→『果敢に走り回り前線をかき回したヤーマン&未月』

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP