コンサル

2020.3.10

【美容室のコロナ対策】美容師ならせめて厚生労働省の情報くらいはチェックしておこう

2. 感染リスク回避に真剣に向き合うこと

とはいえ、美容師として最も避けるべきは、不用意な感染です。

ひとりの美容師の感染が、全国の美容師に迷惑をかけてしまう恐れがあるからです。

 

  • 不必要な外出を避ける
  • 人が密集する場所へは出向かないこと

 

せめて今月中くらいは守って欲しい。

なぜなら、感染が発覚した時点で、最低でも7日間の休業が確定していまうから。

さらに風評被害により、廃業に追い込まれてしまうかもしれません。

自覚が求められます。

切に願うのは、不注意による美容師の感染者が現れないことです。

意識の低い美容師は、休日に遊び回ってそうだけど・・・ww

コロナショックの長期化に備えて美容室がやっておいた方がいいこと。

 

NEXT→正常を取り戻すために

固定ページ: 1 2 3 4

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP