日記

2014.6.29

  • 0
  • 0

我慢には限界がある。

本日最初の記事です。
こんにちわ!かっちゃんです。

DSCN1861 のコピー

歯を食いしばってたって・・・
我慢に耐えたって・・・・

やりたくないことに無理したって、
結局、そんなの長続きなんてしっこない・・・ですよね?

努力する必要がないってことじゃないんですよ!

ただ、我慢には限界がつきものだってこと。

今やってる仕事は「楽しいですか?」
いや、楽しむ工夫をしてますか?(笑)

楽しむことって、確実に推進力になってるなぁ~って思う。
我慢は決して推進力にはならないんです。

先日ある方から、「成功の秘訣ってなんですか?」って聞かれました。
言っときますが、ボクは成功者ではないですよ!

ただ、つまらないかと、聞かれたら・・・楽しんでる、とは答えられます。

もし、そういう風に言えることを成功だと仮定したとしたら・・・ボクは3つのことが頭に浮かびました。

・広い視野を持つこと
・すべての責任は自分にあると思うこと
・楽しむ要素を取り入れること

1.広い視野を持つ

世の中のニーズ、世界の流れを読むということ。理想を掲げて邁進するのも悪くありませんが、それって本当に世の中から必要とされているのか?一度立ち止まって考えることをお勧めします。ビジネスって自分を通じて、喜ぶ人が多いだけ、その分、儲かるようにできています。よね?自分の理想は今ある現実の延長線上にあるのか?全体像を捉える視点が必要です。

2.すべての責任は自分にあると思うこと

売上が上がらない、販促物の反応が悪い、スタッフが指示通り動いてくれない・・・他人は自分の思い通りには動いてくれません。そんなこと当たり前だよ!って思うかもしれません。でも、ついつい他人のせいにしてしまいがちなのが人なんだと思います。任せる覚悟だって、部下を信頼することだって、仲間を信用することだって、結局は、自分の意志で決めてるのですから・・・責任はすべて自分にあるのです。

3.楽しむ要素を取り入れること

嫌なコトを一生懸命克服しようとしても、それって長続きはしないだろうし、嫌々は他人に伝わってしまうものです。自分の好きなことを仕事に取り入れてみる。そうすることで誰よりも情熱的になれたり、夢中に打ち込むことができます。結果、突出することができるのです。もし、好きなコトが見当たらなければ、目の前の仕事を楽しむ・・・そんな工夫をしてみる。楽しむことは忍耐なんかより格段に推進力になるのですから。

我慢には限界がある・・・記事のタイトルはコレなんですが、
我慢しないとは、現実から逃げていい・・・ってことではないんですよ。

ナニカを成し遂げるには、何が必要なのか?
たまに、ゆっくり自分と向き合うのも悪くはないねっ!

・・・なんてことを考えつつ、
それではまた

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP