サッカー馬鹿

2015.1.13

  • 0
  • 0

全国高校サッカー選手権は、日本サッカーの礎です。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

少しバタバタしましたが、無事羽田空港に着きました。
明日の「エクスマ新春セミナー」の講演準備は今も尚続いています。

さて、昨日はブログ書けませんでした。(今日昨日分を投稿しました^^)
成人式→高校サッカー決勝戦→アジアカップ初戦、パレスチナ戦・・・あまりに落ち着かない日でした。(サッカーは録画で観戦しました。)

20031204-12(2,387KB)

それにしても熱かった・・・全国高校サッカー選手権決勝戦、前橋育英高校(群馬)VS星稜高校(石川)

高校サッカーの魅力は全身全霊、選手、監督、サポーターが一体となって目の前の一戦に全てをかける。そして諦めない。激戦の決勝戦、めちゃくちゃ感動しました・・・。

激戦を制した星稜高校、おめでとう!

決勝で悔しさを味わった前橋育英高校をはじめ、大会を去った選手、現在の日本代表の多くの選手は、その悔しさを味わった選手がたくさんいます。

環境に恵まれたユース育ちのエリート選手と、悔しさをバネに這い上がってきた部活の選手、日本サッカーには、相対する成長路線を歩んできた選手がいます。

昨日のアジアカップ、パレスチナ戦に先発した選手の多くは、部活出身の選手、挫折から這い上がった選手で占めていました。

川島選手、森重選手、長友選手、遠藤選手、長谷部選手、本田選手、岡崎選手、乾選手、高校サッカー出身選手は8名、ユース出身選手は、吉田選手、酒井選手、香川選手の3名でした。

エリートがダメで、高校サッカーが良いというわけではない。
絶対に諦めない精神力・・・全国高校サッカー選手権は、間違いなく、日本サッカーの礎だということが証明されています。

選手権での躍動した選手たちの今後の活躍がとっても楽しみです。
超期待しちゃいますね。

母校の初優勝に、「今日はそっちでしょ?」
パレスチナ戦に圧勝した、日本代表本田選手のコメント通り、

2015年の成人の日の主役は、アジアカップより高校サッカーでしたね。

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP