コンサル

2015.2.11

  • 0
  • 0

役柄は、人柄を引き立てる。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

プロであるということは、その役柄を演じなければならない。

店頭に立つのならば、笑顔で元気よくお客さんを向かい入れなければいけないし、サービスを提供するのであれば、お客さんが何を望んでいるのかを察して先回りする気遣いをしなければいけない。技術、施術をして差し上げるのなら、一生懸命練習を積んで最高のものを提供しなければならない。商品を購入していただくのであれば、その商品のことを熟知して、お客さんの不安を解消しなければいけない。

自分には向いていないとか、今日は気分が乗らないとか、私的な理由に関係なく、お客さんに対して決して手を抜いてはいけない。役柄を徹底的に演じきらなければ、プロとはいえません。

かといっても、役柄と人柄は同じではありません。よく役柄を演じることに集中し過ぎて、人柄を消してしまう人がいます。まるでロボットが話しているように感情がなく、淡々と作業をこなす人がいます。これでは到底プロの仕事とは言えませんよね。

役柄は、人柄を引き立ててくれます。リーダーであれば責任感とか、中間管理職であれば、先を読む気配りとか、新人であれば、素直さとか、役柄を演じることとは、人柄を封じどころか、その人の魅力を増大してくれるのです。

仕方なく嫌々仕事をしている役柄を演じのか?
楽しそうに仕事をこなす役柄を演じるのか?

仕事を楽しんで、たくさんの人に喜んで欲しい、こう想える人柄になるために、今与えられてる役柄をどう演じるのか?

仕事を楽しんでる人になる。その道は、案外険しいのかもしれません。

10583802_690858750989138_4095218139562768337_n

ボクはサッカー馬鹿を名乗っています。しかも、日本一のサッカー馬鹿だなんて、かなり大きく出ちゃってます。(笑)確かにグーグルで「サッカー馬鹿」って検索すると、ボクのブログが最上位にインデックスされているのも事実ですが、こうみえて、結構叩かれることもあるんですよね。

でも、そんなことはお構いなし。名乗るからには覚悟があるからね。最近改めて、この覚悟について考えることがあります。もっともっと発信しなきゃ!もっともっと研究しなきゃ!誰かを見返すとか、そんなことはどうでもよくて、役を演じきること、ボクが圧倒的に楽しんでる姿で、「好きなことを仕事にする意義」なんて発信できたら最高だな〜・・・なんて、そんな風に今朝、ふとそんなことを考えてました。

さて、今日は、臨時でガナーズにいます。
なかなかゆっくりする時間ないけど、一つ一つを噛み締めながら、ガンバリマス。

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP