コンサル

2015.3.1

  • 0
  • 0

冬があって春が訪れる。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

3月初日は、雨でした。

季節の移り変わりを予感させる雨・・・。
春はもうそこまで来ているようですね。

a0960_006290

卒業や入学、そして転勤や移動など、この春、人生のターニングポイントを迎える人、多いんじゃないでしょうか?

かく言う、ボクもこの春から転換期を迎えます。分社化という表現に当てはまらないかもしれませんが、ボクの個人事業と、ガナーズ・ヘアードレッシングの業務が分かれます。やることはほとんど変わらないのですが、定義は大きく変わります。

この変化が意味するのは、ステップアップです。
めちゃくちゃ努力して、ようやく迎えることができたステップアップです。

良い春を迎えるには、寒い冬をどう過ごすか?

こんなこと書いちゃうと、ボクが過ごしたここ数年が冬だったかのように聞こえてしまいそうですが、ある意味そうだったのかもしれません。

ここで例える冬とは、準備期間のようなものです。草木だって、花だって、昆虫や動物だって、コツコツと春を迎える準備をしているわけでしょ?人間だって同じです。準備は果てしなく続きますが、それは素晴らしい春を迎えるため、収穫の秋を迎えるためだったりするわけです。

ブログを書き続けたり、フェイスブックで交流を続けたり、技術のトレーニングに励んだり、外部の勉強会に参加したり、コツコツ準備を続けてきた人にだけ、春は訪れるのです。周りが認めてくれないとか、環境が悪いとか、そんな愚痴をいう人は、本当に準備してきたのでしょうか?始めっからうまくいくことなんてないし、継続して、結果を出し続けて、ようやく評価されるわけで、何かのせいにしている暇などないはず、ですよね?

おそらくかつてのボクを見たことある人は、「社長は、遊んでばかりいるのではないか?」「社長はいつもPCばかりいじってる」とかね、たぶんこんな風に思われてたんじゃないかなぁ〜?もしボクが部下だったらきっとそう思っていると思う。でも、次第に、遠くの方から社長の評判を聞こえてきて、ゆっくり時間をかけて、認めてもらえるようになる。第三者が評価してくれて、ようやく近くの人が認めてくれるようになる・・・評価とはそういうものです。もし今の自分に不満を感じている。周囲の人、置かれている環境に不満を感じているにであれば、それはきっとまだ冬の最中にいるだけ。春は必ず誰の元にも訪れてくる。ボクはそう信じています。

いかに準備するか?そういうことに尽きると思う。実績もない人が、明日からすぐに先生になれるわけないし、それなのに誰も認めてくれないといっても仕方がないわけだし、いつかトップセラーになりたいといったところで、コツコツと売上を積み重ねていかなければ、そんなの叶いっこないしね。

素敵な春の予感を感じつつ、今こうして周りに感謝できるようになった。

今年は良い春を迎えることができそうだ。

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP