コンサル

2015.3.29

  • 0
  • 0

そもそも個性ってなんだよ。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

昨夜、今夜、そして明日の晩。セミナーの準備に費やそうと思う。

今年は、とにかくたくさんの講演をしていきたいと考えてます。毎回、違うテーマで、違う場で、違う参加者と。だからボクも、毎回スライドを作り変えてのぞみます。

直近のセミナーのタイトルは、個性。今、一番お届けしたいテーマかもしれません。

スクリーンショット 2015-03-29 12.23.27

供給過多、均質化、選択肢が多過ぎて、どこを選んでいいのかわからない、素人では、区別がつかないほど高いレベルで競い合っているので、どこも似たり寄ったりで、選びようがない。商売している側にとっては、大変厳しいビジネス環境です。

でもそれは、ある意味チャンスだと思うんですよね。ボクは。だって、お客さんにとっては、どこも同じように見えるわけですから、今こそ個性を発揮する絶好の機会なんじゃないかと思うんですよねー。

個性的なビジネスをするということは、その他大勢から抜け出すこと、そして、価格競争から脱却するチャンスです。

ところが、そもそも個性って何だよ!…って、そう考える人、多いんじゃないかな~

ボクが属している美容業界の人たちは、おそらく例外なく、自分は個性的だと思ってるし、自分のお店が一番カッコイイと思っていると思うんです。

自分のお店は、特別だ。
コレ、カクジツに妄想ですよね?

このお店は、特別だ。そう感じるのは、店主ではなく、お客さんでなければ、何の意味もありません。

このお店は、特別だ。
あなたしか考えられない。

そう言ってもらえるお客さんが、どれだけいるのか?
個性的なお店というのは、こういうお店を指します。

つまり、お客さんにとって唯一の存在になることであり、日本一になることではないってことです。

あなたらしさを表現する。
    ↓
あなたらしさを好きになってもらう。
    ↓
あなたを中心としたコミュニティーを作る。

個性的であることは、お客さんにとってもありがたいこと、ですよね?

だって、誤解とか、勘違いとか、期待はずれとか、そういうことが少なくなるわけですからね。

個性的であればあるほど、万人受けはしないし、もしかしたら、一部の人からは嫌われるかもしれない、でも、その個性に惚れてくれた人たちからは、熱狂的に支持され、応援される。

つまり、個性的であることは、お客さんを選ぶことでもあるのです。

個性的でなければやっていけない時代であることは明らかです。
ですが、個性を発揮するには、勇気が必要です。

その他大勢からの脱却。
めっちゃ面白いテーマだね^^

<第2回フロリダ族セミナー>

あとほんのちょっとだけ残席がありますので、
是非参加してね。

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP