サッカー馬鹿

2015.5.24

  • 0
  • 0

大久保より健勇、豊田より鎌田!若手が躍動!〜川崎フロンターレvsサガン鳥栖〜

得点ランク2位、3位を走るJ屈指のストライカー対決は、戦前の予想通り、大久保、豊田の撃ち合いに大いに湧いた等々力だったが、試合を動かす活躍を見せたのは、両チームが誇る期待の新星だった・・・。

J1 第13節 川崎フロンターレvsサガン鳥栖

▼等々力といえば、スタンドを覆う、特徴的な形状の屋根。

IMG_52203ー2、壮絶な撃ち合いを制したのは、ココ、等々力球技場をホームに戦う川崎フロンターレだった。

J1 第13節 川崎フロンターレvsサガン鳥栖

良くも悪くもできるだげボールを多く触ろうと、上下左右に走り回る大久保、サイドに流れ、味方が走り込むスペースを空けつつ、自らが相手ディフェンスラインの裏を常に狙いゴールを陥し入れる豊田。リーグ2、3位の得点力を誇る二人のストライカーは、この日も結果を残した。

前半36分の左サイドに流れ、味方のスルーパスを引き出し鮮やかな同点弾を叩き出した豊田、一方、後半62分、自ら放ったヘディングシュートのこぼれ球に鋭く反応し、ゴールに叩き込んだ大久保の勝ち越しゴール。両エースが持ち味を発揮したゴールの応酬は、見事の一言に尽きる。

しかし、81分、試合を振り出しに戻すオウンゴールを誘発するシュートを放った鎌田大地。こぼれ球を振り抜き、先制ゴールを叩き出し、83分、レナトのFKを難しい体勢からヘディングで決勝ゴールを決めた杉本健勇。この日の試合を左右するゴールを決めた二人の若武者は、量エースを凌ぐ強烈なインパクトを残した。

9試合ぶりの先発出場に鮮やかな2Gで最高の結果を残した杉本。ハリルホジッチも期待をかける大器がようやく目覚めた。一方、途中出場ながらも、18歳鎌田は、圧倒的な存在感を示し、噂どおりの大物ぶりを発揮した。華麗なパスサッカーが信条の川崎、泥臭く食い下がる鳥栖。対照的なチームが産み出した新生もまた、対照的だった。

観戦価値の高さの秘密は、サポーターの応援スタイルにあった。

▼独特の応援スタイルがスタジアムを包み込む。
IMG_5219リーグ6位、7位のダークホース同士の対戦に駆け付けたファン、サポーターは14881人。観客動員数も中位をキープする等々力球技場だが、観戦価値という観点では、かなりの満足度を感じたのは、おそらく筆者だけではないだろう。

その理由は、新設されたメインスタンドではなく、川崎サポーターの応援スタイルにある。通常、サポーターは、ゴール裏に集結し声援を送るのに比べ、川崎サポーターは、ゴール裏に大旗隊を配置し、タスキを揺らす熱狂的なサポーターは、左コーナー付近を陣取る。ピッチを囲い込むように配置するサポーターは、瞬く間に上下左右に派生し、試合開始一時間前には、スタンドの半分以上を水色一色に染めた。独特のポジションをとる川崎の応援スタイルは、往年のサポーターや家族連れの観戦者をも巻き込み、サポーターを中心にコールされるチャントは、スタンド中に響き渡った。

両エースの得点シーン、新星の活躍、そして、圧倒的な観戦価値を誇る等々力の夜を満喫した親子連れのサポーターの晴れやかな表情が印象的だった。

勝村大輔

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP