コンサル

2014.7.3

  • 0
  • 0

「こだわり」は売りではなくなった!?

本日最初の記事です。
こんにちわ!かっちゃんです。

DSCN1861 のコピー

こだわりが売りではなくなった!?・・・というお話。

技術にこだわってる。
味にこだわってる。
製法にこだわってる。

別にこだわってるのは、あなただけじゃないし!

巧くて当たり前、美味しくて当たり前、
今って、そんな時代・・・ですよね?

たとえば、モデルさんが10人並んでたとします。

その中で、ボクがカットした人はどの人か?
・・・おそらく当たってる人いないんじゃないかな〜?

もしかしたら、その人、自分でカットしていたりして。

実は、素人目には理解できないくらいの、
プロでしかわからないような「差」で、ボクたちは競い合っているのかもしれません。

もう「モノ」は充分に行き渡った。
もう「差」がわからないほどの高いレベルになった。

残念ながら、そう思った方がいいかもしれない。

だからといって、何でも良いのか?というと、もちろん、そんなわけではありませんが・・・
巧い美容師が、売れてる美容師かというと、そんなこともない。

ではいったい、お客さんは、何を基準にお店(あなた)を選んでいるのだろうか?
こう考えちゃうと、なかなか答えなんて・・・浮かんできませんよね?

では、こう考えたらどうだろうか?
どうして今目の前にいるお客さんは、他店に行かないのだろうか?・・・と。

他店に行けない理由
あなたじゃないと、ダメな理由

「私のことをわかってくれてるから・・・」
こう答えるお客さんって、多いんじゃないかな〜

共感とか、信頼とか、言葉には表せないことを共有している、
阿吽の呼吸とか、ツーカーな関係みたいな、そのお客さんとの間には、そんな関係性が築かれているのではないか?

ボクが行き着いた答えは、コレかな?

積み上げていくほど価値のある関係性。
どうせこだわるなら、この、関係性にこだわったらいいと思う。

これまでボクらは、お客さんに「スゲーーー!!」って言われることを目指してた。
そう思われることが、選んでくれること、支持してくれるのだと信じてきた。

ところが、「うんうん、わかるわかる。」「一緒だね〜」「マジ共感だわ!」
そう思われることには、敵わないんじゃないか!・・・ってね。

プロとしての信頼、
店としての信用、

これだけじゃ足りない時代だってこと。

人として、どれだけ共感されてるか?どれだけ好かれてるか?
だって、「モノ」なんてどれも変わらないんだもん!

「こだわり」は売りではなくなった!?

今回はこんなお話をお届けしました。

それではまた〜

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP