サッカー馬鹿

2014.7.10

  • 0
  • 0

個が組織を圧倒する、これもサッカーの醍醐味です。

本日最初の記事です。
こんにちわ!かっちゃんです。

ブラジルW杯準決勝「オランダvsアルゼンチン」
前日の圧勝劇とは対照的な一瞬の油断が命取りになる、まさに死闘でした。

アルゼンチンといえばメッシ、
オランダといえばロッベン、

組織的な守備をベースに、個人の力でゴールを奪いにいく、

これまで主流だった、ポゼッションサッカー(ボール保持率を高め相手を圧倒するパスサッカー)から、今大会、頭角を現した中南米勢が展開したリアクションサッカー(堅守速攻)へ・・・。

世界のサッカーの変わり目のように映る今大会ですが、

結局、決勝に駒を進めたのは、そのどちらとも言いがたい戦術で勝ち上がってきたドイツと、
オランダ、あるいはアルゼンチンといった個の力が際立つチームでした。

どんなに手堅い戦術を行使しても、
圧倒的の個の力には、なす術がない。

これこそがサッカーの醍醐味。

IMG_1840

神の子メッシと・・・

IMG_1847
宇宙人ロッベン・・・
宇宙人はボクが勝手に言ってるだけですが(笑)

段違いのプレーで相手を切り裂く両者の対決は、90分では決着がつかず、延長戦を終えてPK対決へ・・・
どちらが勝ってもおかしくない好ゲームを制したのはアルゼンチンでした。

個が組織を圧倒する・・・であれば、
個を止めるのは、やはり個でした。

IMG_1845

なかでも、アルゼンチン代表のマスチェラーノの守備力は圧巻でした。
ひとくちに個といっても、なにも攻撃だけが個なのではない。
守備の個こそが、勝敗の鍵を握っていたのですから・・・。

これぞW杯の準決勝!!
素晴らしい試合を目撃しました。

そして、いよいよファイナル(決勝戦)です。

世論ではスター軍団ドイツが優勢と囁かれていますが、
正直、ボクもそう思う。

でも、やっぱり個が輝いてると面白いんですよね。
だって、スーパープレーは組織からは生まれない、プレーをするのは個人なのですから・・・。

組織から個へ・・・

サッカーに限らずに、ビジネスでも同じ現象が起きていますよね?
個が主導の時代、個が輝く時代・・・

個が躍動するほうがエキサイティングに決まってる!

そう思いませんか?

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP