サッカー馬鹿

2015.11.13

  • 0
  • 0

”個”に依存しない、”調和”をもたらした3人【FIFA ワールドカップアジア2次予選 シンガポールvs日本】

FIFA ワールドカップアジア2次予選 シンガポールvs日本

▼シンガポールへの圧倒を誓うキャプテン長谷部
IMG_0711
さあ、あの落胆からの再戦だ。

FIFAワールドカップアジア2次予選 シンガポールとのアウェイ戦に臨んだ我らが日本代表のスタメンは、これまでレギュラーに定着していたメンバーに代わり、リーグで活躍する選手が抜擢された。

ワントップは、ナビスコ杯優勝に貢献した鹿島アントラーズの金崎。トップ下には、ドイツブンデスリーガで好調を維持するハノーファーの清武。ダブルボランチの一角には、Jリーグ1stステージ優勝の立役者、浦和レッズの柏木。

IMG_0712▲攻守に躍動!ひときわ目立っていた柏木

格下相手に喫した屈辱のスコアレスドロー、あの悪夢を払拭してやろう。その想いは、選手もサポーターも同じ。感情露わに指揮をとるハリルホジッチ監督からも、その熱意がビシビシと伝わってくる。

前戦同様、序盤から得点を奪いに猛攻を仕掛ける日本代表だが、その攻撃スタイルは、前戦とは大きく違った。これまでは、攻撃の二枚看板、本田、香川への依存度が高かったのに比べて、今日の日本代表には、多彩な攻撃のバリエーションがあり、その一つ一つの攻撃に共通の認識があるかのような、そんな一体感があった。

その一体感を生み出していたのが、先に紹介した3選手だったことは、火を見るよりも明らかだった。

攻守に奔走し、攻撃のスイッチを入れる柏木、ワンタッチプレーで攻撃のリズムを作り出した清武、闇雲に相手の裏を狙わずに、攻撃に厚みをもたらした金崎。彼らのプレーは、日本代表を徹底分析してたであろうシンガポールの想定を遥かに越えていたに違いない。

中央突破に拘らない、彼らを中心に繰り出す攻撃は、さらなる引き出しを導いた。これまであまり目立たなかったサイド攻撃がそれを象徴している。タイミングよく飛び出し、敵陣を深くえぐる左サイドバックの長友。本田の背中を擦り抜けるようにオーバーラップをはかる酒井、良くも悪くも、彼から放たれるアーリークロスは、精度こそないが、確実に相手ディフェンス陣を混乱に陥れていた。

3-0という結果に満足している者など誰もいないであろうが、これまでとは違う日本代表に、光を見出したサポーターも多かったのではないだろうか。

IMG_0714▲新ユニフォーム、マジかっこいい!

そしてもう一つの注目は、新ユニフォームではないでしょうか。濃紺を基調に、伝統の紫に近いJAPANブルーではなく、スカイブルーを連想させる鮮やかなブルーを胸元に配した新ユニフォーム。

賛否両論あると思うが、これほどカッコいいユニフォームがかつてあっただろうか。ボクはそう感じた。この洗練されたデザインは、”調和”と”個性”をイメージしたとのことらしい。

これまでの”個”に隔たった攻撃から、”調和”をもたらした攻撃を見ることができた今回の勝利を目の当たりにして、今回のユニフォームの切り替えに、何とも奇遇なタイミングを感じたのは、果たしてボクだけだろうか。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP