日記

2015.11.14

  • 0
  • 0

任せるということは、思い通りにならなくても良いということ。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

w05

現在ボクは、美容師になってから22年、美容室経営者になってから11年、現場に立たなくなってから2年が経とうとしています。正確な年月は忘れたけど、おそらくこのくらいの時間が経過していることは間違いないと思う

これまでボクは、全てが自分の実力、良くも悪くも自分次第である、そう思ってきた。

ところがここ数年、現場を離れてからは、そうは思わなくなった。というよりは、そう思えなくなってきた、といった方が正確かもしれない。

ボクのいない現場では、いつも想定外のことばかりが巻き起こります。

想定外といっても悪いことばかりでもない。期待以上を示してくれる人もいれば、期待以下の人もいる。もちろん、期待すること自体がボクの勝手なのですから、仲間にとってみたら、迷惑な話かもしれませんね。

任せるといことは、思い通りにならなくても良いということ。その覚悟がなければ、自分一人でやればいいだけだからね。

よく、人を育てるノウハウとか、右腕を育てる方法とか、世の中には、人材育成を説く書籍がたくさんあるけれど、どれを読んでも、どうもしっくりこない。人をコントロールしようとすること自体、なんか違うんじゃないかと、所詮、自分よがりなんじゃないかと、そんな風に思うボクを、甘ちゃんだという人もきっといると思う。

ボクができることは、その人に寄り添うこと。その人と膝を突き合わせて話し合うこと。

後は、任せる。

大変なこともたくさんあるけど、逃げない。そして、裏切らない。

そのくらいかな。

とりあえず、今年ももう11月半ばを迎えようとしていますが、ふと、そんなことを振り返ってました。

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP