コンサル

2015.12.21

  • 0
  • 0

神は細部に宿る。〜山形県米沢の温泉と米沢牛を堪能〜

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

今年一年のコンサルタントとしてのお仕事の全ての日程が無事終わりました。残すはサロンワークのみ。その前に家族孝行もしなきゃと思いたち、これから温泉地に向かうこととなりました。やっぱり家族あってのお仕事、お仕事あっての家族ですから、両方とも大事にしていきたな。

IMG_2107▲かっちゃん撮影

さて、というわけで、時の宿すみれ に来ています。お庭から、ロビーから、鉄板焼きから、米沢牛から、お部屋から、そして女将さんのあやっちこと、黄木さんまで。全てが素敵過ぎて、ラグジュアリー感がハンパない。訪れた瞬間からマジでまた来ようと思った。ホント何から何まで行き届いてるし、癒されるから。

時の宿すみれは、お二人様専用の温泉旅館です。年配の御夫婦もいれば、姉妹や親子、もちろんカップルもいます。そして、お部屋にはテレビがありません。非日常感が二人の距離を縮めてくれます。

ボクら利用者は、佇まいとか、内容とか、つい目に見えるものばかりに目が行きがちです。もちろんそれはそれで楽しく過ごせますが、どうしてこんなにのんびりできるのだろうか?どうしてこんなにパートナーとの会話が弾むのだろうか?この気分を味わせてくれるのは、ハードやソフトなど、目に見えるものではなく、きっと目に見えないナニカのチカラが働いているに違いない。そう思うのです。

目に見えないモノ、コトは、確実に存在する。こんなこと言っちゃうと、何だかスピリチュアル的に思われがちですが、そうではなく、確実に存在していると思うんです。

例えば、テレビやWi-Fiなどから流れている電磁波なんてモノは、決して目には映ることはなくても、確実に何かがどうにかなってるから、繋がったり、映ったりしているわけでしょ?それに人の心なんかも、確実に存在しているのに、決して見えることはありません。

目に見えないナニカには、想いというのもあるのではないでしょうか。ココ、すみれにも、女将さんの想いが、色んな形となって現れてるからこそ、のんびりできたり、癒されたり、パートナーとの距離が縮まってるわけで、その現象は、ハードやソフトに託された想いが伝わった結果なんじゃないかな~。そんなことを考えてました。

ボクの師匠藤村先生の格言に、「モノを売るな!体験を売れ!」という言葉があります。どんな想いでその仕事をしているのか?お客さんにどんな体験を届けているのか?

今、ボクが体感していることにその答えがあるようでなりません。

何を願うか。何を想うか。それが大前提なんだよな、やっぱり。神は細部に宿るっていうけど、すみれに居るとそれが腑に落ちるって感じがします。

山形米沢の夜に考えていたのは、そんなことでした。それではまた。

IMG_2119 (1)<時の宿すみれ あやこ女将のブログ>

もう少しのんびりさせてね。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP