コンサル

2016.1.8

  • 0
  • 0

やはり、形ではなく想いなのかな。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

DSCN1861 のコピー 2

理屈じゃない何か別のチカラが働いているような気がしてならない。そう思うことがある。

別にチラシを撒いてるわけでもない、広告を打ってる訳でもないのに、新規のお客さんがたくさん訪れるお店がある。

別にお礼のDMを差し上げてるわけでもない、次回に使える割引券を配ってる訳でもないのに、リピーターが多いお店がある。

別にニュースレターをやっているわけでもない、SNSにも大して投稿していないにもかかわらず、ファンやサポーターが多いお店がある。

そのお店には実力がある。ボクはそう感じている。目には見えないモノは、確実に存在していると思うんです。

目には見えないモノ、それは、優しさとか、熱意とか、安心感とか。雰囲気や人柄、価格やサービス以外の部分に属しているような気がしてなりません

お客さんとの会話一つとってもそう、上辺だけの会話に終始している人もいれば、自分のことを知って欲しい、自分の話に笑って欲しいと、自分本意の人もいる。かと言えば、そんなに会話が弾んでるようには見えないのに、いつの間にかお客さんの心を掴んじゃう人もいる。

技術に至っても同じです。いくら卓越した技術が備わっていたとしても、指名客獲得に苦戦しているスタイリストもいれば、どんなに知識が豊富なスタイリストだとしても、ただの勉強オタクの域を出ない人も沢山いる。

目に見えるものが、販促ツール、接客、サービス、技術、知識だとしたら、目に見えないものとは、それらを支えるもの、それらに向かわせるもの、それらを生かすもの。

綺麗になって欲しい、かっこよくなって欲しい、喜んで欲しい、楽しんで欲しい…、人柄とか、雰囲気の正体は、実は想いなのではないだろうか。そう思えてなりません。

どうしてあの店は、流行っていのだろうか?どうしてあの人は、人気があるのだろうか?

今年こそはその答えにたどり着きたいな。
そんなことを考えてました。それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP