コンサル

2016.1.24

  • 0
  • 0

”っぽい”じゃダメ、” らしさ”が価値。販促物は整合性が命です。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

期待通りと、期待外れ。
とてつもなくデカイ分かれ道…。

よく温泉旅館へ出かけた時、アレ?こんな外観だったっけ?エッ、こんな料理だったっけ?うそ~、露天風呂小ちゃーー!?写真と随分違うんじゃん!こんな経験ありませんか?

もしかしたら美容室も同じかもしれないな。そう思いました。

別に印象悪く伝えた方がいいというわけではありません。だけれども、余りに現実とかけ離れていては、その時点で、そのお客さんは、二度と来てくれることはありません。

では、逆だったらどうだろうか。期待してた以上に素晴らしかった。話してみたら、めっちゃ良い人だった。期待以上は、満足度をグンと高めてくれます。

でもボクは、そのどちらでもない、期待通りで充分ではないかと思う。

コレって、SNSでも言えることだと思うんです。面白い人だと思ってたのに、会ったら全く面白くなかった。写真よりも断然可愛かった。それよりもやっぱり、思った通りの人だったが一番。ボクはそう思う。

だって人は、決して長所だけを持ち合わせているわけではないしね。弱さとか、脆さとか、そういう部分だって、その人の魅力だと思うんです。

だからですね、自分らしさとか、店らしさとか、そういう所が伝わっているかどうかは、とっても重要ではないかと思うんです。

っぽい、じゃダメなんです。
らしさが、価値なんです。

だって、っぽい、って何だか、取って付けたニセモノみたいじゃないですか!それに、相手への配慮も欠けている。

整合性というのは、実はめちゃくちゃ大事なんですよね。

IMG_3746▲青木さん頼むわ。

そんなことを考えながら、只今絶賛販促物を作成中です。^ ^

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP