サッカー馬鹿

2016.2.28

  • 0
  • 0

今シーズンの横浜FMは、かなりヤバイかもしれない。【J1開幕戦 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台】

J1開幕戦 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台

▼マリノスに得点が入る気配はなかった・・・。
IMG_4325

横浜FM 0-1 仙台

Jリーグ開幕戦を観た。2016シーズンのファーストゲームは、横浜fマリノスvsベガルタ仙台。どのチームにも肩入れしない、というスタンスでJを楽しむボクですが、神奈川県出身者としてはやはり地元チームを推してしまうのも致し方ない。

そんなご贔屓のマリノスだが、いかんせん勝てる気がしない。この日放った12本のシュートもことごとく六反に弾かれるわ、中澤、ファビオ、小林祐三、下平、不動の4バックも集中を欠く場面が時折見られた。一瞬の隙を突かれた前半19分、三田にミドルを決められたシーンに天を仰いだサポーターも多かったのではないだろうか。

確かに不安要素はあった。昨季の攻撃のキーマン、アデミウソンがG大阪へ移籍し、後釜を託されたラフィーニャがまさかの負傷。しかもこの大切な開幕戦を目前に主将の俊輔がインフルを発症。結局、俊輔はベンチメンバーにも入らなかった。

▼若手の台頭が上位進出の鍵
IMG_4328

今シーズン、積極的な補強を行わなかったマリノスだが、その分、現有戦力の飛躍が期待される。前線で孤軍奮闘していた伊藤翔や、得意のドリブルで相手を掻き回してた齋藤学、攻守に頻繁に顔を出していたボランチの喜田。収穫はなかった訳ではない。

兎に角ヤキモチせずにはいられなかったマリノスにとっての開幕戦でしたが、同じく目立った補強もなく戦力ダウンが囁かれていた仙台は、身の丈に合ったサッカーに徹し、見事、マリノスを零封した。

たった1試合、されど1試合である。たかだか1試合で何かを語るのは余りにも早計だが、今シーズンのマリノスは、かなりヤバイかもしれない。若手の台頭なしで、マリノスの上位進出はあり得ないんじゃないか。いや、そんな悠長なことを言ってる場合じゃないかもしれない。次戦は是非気持ち良く勝って欲しい。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP