コンサル

2014.7.19

  • 0
  • 1

相思相愛はギブ&テイクではない。

本日最初の記事です。
こんにちわ!かっちゃんです。

DSCN1861 のコピー
ギブ&テイクを求めた時点で、その行為は親切ではありません・・・
以前、ブログにこんなことを書きました。

親切はしてあげることも尊いことだけど、
快く受け入れること、それもある意味、親切である。

そんなことを書いたような書いてないような・・・(笑)

よく、お互いが発展する。相互に利益が発生することをウインウイン(WINWIN)の関係といったり、それが目的で繋がっている表層的な繋がりだとか、人脈とか、言うけど、

所詮、金の切れ目は縁の切れ目。
損得関係だけでは、人間関係は育まれない。

損得関係だけで、物事を捉えてしまうと、「それはボクの仕事ではない」「それやって、何か得なことあるの?」・・・って、合理的な見方に偏ってしまう・・・

もちろん、そんな人とは、あまり仲良くなれないし、仕事のパートナーとしても、まったく頼りにはならない。だって、その人にしてみれば、与えることは損で、貰えるものは、もらっとこう・・・そんな思考なわけでしょ?

確かに、前にコレだけのことをして上げたのに、この人、そんなこともう忘れてるよね?・・・そんなことは山程ある。義理とか、恩とか、考えるのも面倒だし、そんなことがチラついていることに自己嫌悪すら感じちゃうし、結局は、役立つことや、楽しませること、その行為自体が好きにならなければ、そのモヤモヤを消すことはできないのだと、ボクは思う。

関係性という言葉をよく耳にしますが、目指す先はウインウインではない、それを超えた相思相愛の関係なのではないでしょうか?

たとえば、サロンに来店してくれたお客さんを可愛くして差し上げた、その甲斐合って、そのお客さんのデートが大成功したとします。美容師は可愛くカットしてあげることが仕事であって、お客さんはそのヘアースタイルの対価としてお金を支払ってくれる。ここまでは、至ってビジネスであって、利害関係の枠は超えてはいません。

ところが、お客さんに彼氏ができた、そのことを自分のことのように喜んでくれる美容師さんがいたとしたらどうでしょうか?そのお客さん、めっちゃ喜んでくれると、ボクは思う。

でも、美容師の仕事は可愛いヘアースタイルを提供するのが仕事であって、そのお客さんに彼氏ができようが、1円も利益にはなりませんよね?・・・では、それって損なのでしょうか?・・・違いますよね?

相思相愛はギブ&テイクではありません。

チカラを貸してくれる人、支えてくれる人、応援してくれる人、
どんなビジネスにも、サポーターなしでは存在できないのですから。

たくさんの相思相愛を創り出す・・・そんなビジネスを目指したいですよね?

その方法が書いてあるのが・・・コチラ(笑)
スクリーンショット 2014-07-13 12.44.24

(画像クリックで、詳細ページにいきます)

やっぱりギブ&テイクじゃないよね?
相思相愛だよね^^

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP