コンサル

2016.9.15

  • 0
  • 0

なぜ似たような写真でも、好感を持てるものと、売り込み臭を感じるものがあるのか?【Instagram活用】

【Instagramこそ”大好き”で埋め尽くしたい。】

不明 (33)
大好きなサッカーだらけのボクのInstagram

ココだけの話、売り込みの意図を感じるInstagramユーザーとは一切繋がるつもりはありません。

Instagramで商品を売る。Instagramでお店を宣伝する。そういった投稿は、純粋にInstagramを楽しみたい人にとってみれば、はっきり言って目障りなんですよね。

たまにならまだしも、これでもかと言わんばかりに商品の写真を連続投稿する。折角、繋がってるユーザーさんの写真を楽しもうと思ってるのに、その妨げになってどうすんだよ。って、速攻でアンフォローしちゃいます。

でも不思議なもんです。似たような商品の写真なのに、ものすごく好感を持てるものもあるんですよ。

その好感の正体、その答えはInstagramユーザーなら誰もが感じることが出来ると思う。

“その商品の写真を撮ってる人が、その商品のことを大好きかどうか”何故か伝わるんだな。ココが。

だから、Instagramこそ”好き”で埋め尽くしたいよね。

投稿している自分も楽しいし、繋がってるユーザーさんも喜んでくれるんだもん。それこそInstagramの醍醐味じゃない?

Instagramの投稿に、”とりあえず”は要らない。自分の大好きなこと、「カッコイイ!」と感じたもの、「カワイイ!」と感じたもの、「オモシロイ!」と感じたもの。

もし何を投稿して良いのかわからない、そんな風に思ってる人がいるのであれば、是非ともそうして欲しいな。

不明 (35)毎日1枚づつ。投稿が楽しみで仕方がない。

“とりあえず”投稿が相応しくない理由は、もう1つあります。

昼はラーメン、夕方ビール、夜は焼肉、メシばっかりの投稿に終始してしまったり、ラテアートや、ネコや空、男性も女性も”とりあえず”投稿は似たり寄ったりになってしまうから。

個性がなくなっちゃうんです。

あなたの好きなことは、あなたらしさ。あなたの個性。ボクはそう思うなぁ。

不明 (34)好きなことは”個性”

なのでもし、Instagramをキッカケに、商品が売れたとしたら、その理由は、投稿ではなく、投稿者への、興味、共感があるからではないだろうか。

あくまでも私見なんですけどね。でも、どちらにしてもさ、投稿が楽しいのならそれでいいじゃん。Instagramで売るテクニックとか、そういう発信をよく目にするけど、問題は、それをやって楽しいかどうか。そこが結構大事。

好きが伝わる。楽しい!が伝わる。Instagramほどそれが顕著な現れるSNSは今のところないよね。

そんな事を考えてました。
それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP