コンサル

2016.10.26

  • 1
  • 0

Instagramでもビジネスアカウントは嫌われ者なのか?

【Instagramでもビジネスアカウントは嫌われ者なのか?

 

FullSizeRender (91)

ボクのInstagramはサッカーだらけ

もはやどの媒体においてもビジネスアカウントの居場所はないような気がしてならない。Facebookならば当然のこと、Twitter上だとしても別に好き好んで閲覧することはない、売り込みを許容しているわけではないけど、取り止めなく流れてくる情報に「まぁ仕方ないか。」とただ受け流してるだけ。決して有効だとは思えない。

どちらかと言うと、Instagram上でのその扱いはTwitter上での感覚と似ている。目障りである事に変わりはないのだ。流れてくるものはスルーすれば良い。でもそろそろその鬱陶しさも限界かもしれない。止めどなく流れてくる広告、あるいは売り込み臭を感じるアカウントを、ボクは片っ端からアンフォロー(フォロー解除)しまくった。

ところが、ビジネスサイトとおぼしきアカウントだとわかっているのに、アンフォローに至っていないアカウントがあることに気がついたんです。(フォロー解除せずに、むしろ歓迎しているビジネスアカウントもあったったということ。)しかも相互フォローではなくフォロー返しが来ない、片想い状態なのにね。これってどういうことかなぁって考えてみた。

【歓迎されるビジネスアカウントとは?】

FullSizeRender (92)

サッカー関連の投稿は大歓迎です。

例えばボクの場合、サッカーが大好きでインスタの写真は100パーセントサッカー関連。繋がっているユーザーもその多くはサッカー好きの人で占めています。基本的には相互フォローを容認していますが、趣味嗜好が合わない人、売り込み臭を感じる人とは繋がってません。そこにいきなり女性服の写真が流れて来たらどうだろうかと想像してみて下さい。しかも執拗にね。

ビジネスアカウント、ビジネスが目的の個人アカウントから流れてくる情報の多くはとにかくシツコイ。(数分間隔で連続投稿する人が多い。)その投稿の仕方は、ルール無用というかマナー違反というか、とにかく一方的に大量のCMを強制的に見せられてるって感じ。辟易します。

ただし、執拗なのは問題外ですが、サッカーに関するビジネスアカウント、例えばサッカー専門誌やサッカー専門のニュースサイト、チームや選手の公式アカウントなら、興味がそそられるわけです。自分の趣味嗜好に合った写真ならば、たとえビジネスアカウントだとしても関心が深いということ。

Instagram上では、ビジネスアカウントであっても限定的に歓迎される。この感覚はおそらくボクに限った話ではないと思うんですよね。

【Instagramも関係性重視の傾向へ】

FullSizeRender (93)Instagramの新機能モーメント

問題はコミュニティーの属性(どんな趣味嗜好を持ち合わせた人たちの場なのか。)その人たちにしか歓迎されないようなコアな情報を届けること。もしInstagram活用にビジネスの意図を込めるのであれば、その投稿内容次第で歓迎されることもある。これはInstagram独特の背景ではないだろうか。

ボクが歓迎しているビジネスアカウントの特徴 は、1)趣味嗜好が共通している 2)写真自体に魅力を感じる 3)関係性の深い人の投稿 。アンフォローに至ったビジネスアカウントの特徴はその正反対にある。

ポイントはハッシュタグ(# ) で分別される属性。その属性に相応しい投稿なのか。ただの商品の陳列写真ではなく、個(本人や関係者)が出ている写真であったり、その人と自分に関係性があるかどうか。従来からのハッシュタグ文化に加えて、”関係性”を重んじる傾向が強まってきている。使い倒しているうちに、やはりココに辿り着いてしまった。

Instagramにおける関係性とは、リアルでの交友関係があること。一方的に支持を得ていること。そして共通の趣味嗜好があること。さらに、ホーム画面に表示される序列も昔からフォローしている相手や親しい友だちの投稿が、新しい他の投稿を押さえてトップに表示される関係性重視の仕様へと変わったのだ。

最近追加された新機能ストーリー(24時間限定で投稿できるムービー)や、Facebookとの更なる親和性の強化が進む中、Instagramがもっと楽しくなる。SNS本来の醍醐味が味わえる日もそう遠くはないね。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP