コンサル

2017.1.18

  • 195
  • 5

好きなことを発信してコミュニケーションを楽しみ、支持・賛同を集めて応援される人になる【フロリダ族】

2017年のフロリダ族がスタート

「やりたかった仕事の話が舞い込んできた!」「仕事が楽しくなってきた!」「お客さんの笑顔が私の財産なんだ!」「家族が仲良くなった!」とか。「それってボクのおかげじゃないでしょ!」と思う反面、輝いてる彼らを見てると何だか無性に嬉しさがこみ上げてきます。

フロリダ族第1講は下北沢レインボー倉庫で。

昨日はそんな仲間たちが集いSNS活用のの勉強会を開催しました。ボクが主宰する『フロリダ族』という名の塾です。第1講の会場は下北沢レインボー倉庫。アーティストたちの展示場であり作業場であるオシャレなレンタルスペースです。

何度も言いますが、フロリダ族とは、ボクの地元、神奈川県大和市にある老舗純喫茶フロリダの名称からきています。純喫茶フロリダで個人コンサルを始めたら、いつの間にかたくさんの人たちが通うようになり、それなら塾にしてしまえと、そんな経緯で【フロリダに集う人=フロリダ族】という風になったわけです。なのでアメリカのフロリダ州とは一切関係がありません。

今回は第5期。新しい仲間が6名加わりました。フロリダ族は一度参加すると、何度でも参加できるという特権があるので、合計22人くらい?の大人数の勉強会です。冒頭のような報告をしてくれたのは、昨年、受講してくれた彼ら。一年前とは比べ物にならない飛躍を遂げた彼らと共に、新しいメンバーをサポートしていきます。

SNSを活用して、結果が出てる人たちは、一様に「仲間のおかげ」だと言います。これは決して謙遜しているわけではありません。本気でそう感じているのだと思う。続けられるのも、楽しめるのも、そして結果を後押ししてくれるのも全てが仲間のおかげ。ボクもそう言い切ってもいいと思っています。

はじめこそ、SNSは発信専用ツールだと、とにかく投稿しまくって内容を研ぎ澄ませる、そうすれば自ずと結果はついてくる。そう信じてました。数字にもかなりこだわってましたしね。友達の数とか、イイねの数とか。影響力は数字の大きさだと思ってた。

確かにそれは一理あります。でも発信だけしていればいいのかといえば、もちろんそうではありません。発信よりも大切なこと。それは閲覧すること。反応すること。コミュニケーションすること。そもそもSNSはコミュニケーションを楽しむためのツールなのに、ビジネスに置き換えた途端に、ボクらはそのことを忘れてしまう。

賛同してくれる人が現れて、支持してくれる仲間がいて、ようやく応援される人になる。利己的な発信者よりも、利他的な行為を厭わない人が人気者になる。当然ちゃ当然だよね。SNSは相手ありきだということ。それって誰のため?誰が喜ぶの?ってこと。

昨季の卒業生、ちなみさんも自身のブログに、とってもわかりやすく仲間の大切さを書いてくれています。

<応援してくれる仲間たちがいる幸せ>

そして、フロリダ族ならではのコンテンツがこれ。

好きなこと+仕事
好きなこと×仕事

好きなことを仕事に取り入れてみる。いっそ、好きなことを仕事にしちゃえ!せっかくSNSを活用するんだから、これくらい大きく出てもいいかなぁ。

Facebook、Twitter、Instagram、そしてブログ。めちゃめちゃ使い倒して、コミュニケーションを楽しみまくり、たくさんの人を巻き込んでいく。・・・その先に何が起こるのか?

ケンイチロウの成功事例も・・・

まゆみさんの成功事例も・・・。

そのきっかけになったのは、好きなことを仕事に取り入れたことでした。そして、誰よりも自分が楽しみ、次々周りを巻き込んで、その日たちの笑顔を創り出していく。これから3ヶ月後に、どんな成果が生まれるのか。ボクも全力で応援しようと思う。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP