コンサル

2014.9.2

  • 0
  • 0

逆上がりは、鉄棒を変えても出来やしない。

逆上がりは、鉄棒を変えてもできるようにはならない。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

2013-09-02 14.12.57 のコピー
逆上がりが出来ない理由、そのほとんどは、練習していないからではないでしょうか?

勢いをつけてみたり、力強く踏み込んでみたり、腕の筋力を鍛えてみたり、補助台を設置してみたり・・・試行錯誤や努力を重ねてようやく出来るようになる。

出来ない理由を、道具にしてみたり、指導者のせいや環境のせいにしたって、結局それは、「今」から逃げているだけ。

未来は今の先にあるのですから・・・。

本を出版したい!であれば、いくら口で言ってたって執筆依頼なんて来やしない。書く練習を繰り返し、文章力を身につけて、依頼者の目に留まるくらい発信を続けなければ、その目標は叶うはずがありません。

人気美容師になりたい!であれば、一流の技術を身につけたり、お手紙を書き続けたりして、たくさんのお客さん支持されるようになって、初めてその資格を得るわけです。

誰かが何をしてくれる?そんなことを期待している暇があったら、目標に向かって何をして、いかにそれを継続できるのかを考えた方がよっぽど早く、目的を達成できる、ボクはそう思う。

その目的地に辿り着くには、その場所に相応しい人になること。
「なりたい!」という自分の強い意志と、「この人には、是非そうなって欲しい」と、周りの人たちから応援されるようになって初めて、その目的は達成されるのです。

でも、逃げたくなる気持ちもわからないわけでもないですよ。

もし、「今」に満足していない、もっともっと素敵な「未来」を手にしたい。そのために環境を変えること、それがすべて悪いわけではありません。ボクも何度もその場から逃げ出したくなったこともあるし、次にモチベーションを求めたことも何度もある。

ボクは前に進もうとしているんだ!逃げてはいない!そう自分に言い聞かせてね。

確かに、結果も出ていない自分がいたり、実力不足、努力不足だってわかっている。でも次は違うぞ!次こそはやってやる!!その時の思いは、そんな感じだったかな。

今だからわかるのですがね、その時のボクは、自分のことで精一杯でした。周りには、自分のことしか考えていないと思われていたと思う。

でもやっぱり、上手く行かなかった!?
逆上がりは、鉄棒を変えても出来ないのです。

そりゃそうなんですよ。だって、実力不足、努力不足は、仲間やお客さんたちに迷惑かけてるんですもん。迷惑かけてるのに、応援してくれるのは家族くらいですよ。

たくさんの人に応援されて、はじめて成功できる。

コレ、マジです。

そのために、ボクが意識していることは3つあります。

感謝の気持ちを伝える。
人の何倍も努力する。
ウソをつかない。(誤摩化さない。)

ボクはそんなに器用な人じゃないから、このことだけは肝に銘じています。

逆上がりができるようになるために、その時、自分はどうするのか?
自問自答してみました(笑)

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP