日記

2017.12.31

  • 181
  • 2

雪景色の田舎町の温泉に浸かりながら2017年を振り返る。

【2017年を振り返って】

大晦日ですね。仕事納めの翌日、ボクは新幹線で山形県米沢へ移動。年末年始はここ、『登府屋旅館』で過ごします。(ご存知、お湯だけは良いと評判のエンドウくんの旅館ね。)

温泉に浸かって身体が温まったところで今年一年を振り返ってみたいと思います。

サッカージャーナリスト元年

今年は何と言っても『サッカージャーナリスト』元年でした。キッカケは「サッカージャーナリストやれよ!」という師匠の一言から始まりました。

何から始めたら良いのか、どう動いていいか分からないボクは、とりあえず片っ端からサッカーメディアを検索し、履歴書と原稿を送りまくった。年齢的なものもあり、何よりも未経験なことが仇となり、想像どおりうまくはいきません。

幾つか返信があったうちの一つのメディアと無事契約をすることができた。はじめは先方の依頼に従って記事を書くことからスタートしたものの、元からボクはSNSやっていたわけじゃないか、書く記事、書く記事、驚きのPV数(閲覧数)を記録するわけです。

1記事700円の原稿料が一気に2000円まで跳ね上がりました。15000円で書いて欲しいという媒体まで現れました。結局、好き勝手にやらせてくれる元の媒体と契約を続行することに決めた。(あ、まだ一度も請求書出してないけどね。)

せっかくサッカージャーナリストになったのだから直接、選手や監督、関係者の方々にインタビューしてみたいじゃないですか。

2月から取材攻勢をかけ、今年は合計38人の関係者と対談することが出来ました。コレは刺激的でしたね。

さらに調子に乗って、今度はメディアパスを取得してスタジアムで取材がしたくなって。断られたまくったけど、実績でモノを言わせる戦法で何とかこじ開けてきました。19試合の取材に成功した。

まだまだ完全燃焼とまでは行かなくても、体当たりで扉をこじ開けた。まさにロケットスタートって感じです。来年はますます意のままに動き回りたい、良い記事もたくさん残していきたい。

エクスマ

昨年に引き続きエクスマのサポート講師をやらせていただきました。

師匠の側にいられることは、この上ないしあわせですし、滅茶苦茶勉強にもなる。期待に応えようと必死に頑張ってきたし、それだけ成長できたという実感もあります。

やっぱりエクスマの名に恥じないような活躍をしなければいけないですし、SNSやブログも使い倒しながら研究してきたし、講演も数多くこなしました。

来年も引き続き努力を怠ってはいけないですし、師匠を喜ばす活躍を、この場で誓わせてもらいます。

そして今年最も苦戦したのが『エクスマ劇』です。毎月演劇の勉強をしました。この歳になってまさか演劇をするとは思いもよらなかったし、新しいチャレンジにワクワクもした。

ここ数年、師匠は「文化芸術に親しめ」と言います。演劇を習うことで視野が広がりました。元々、本はたくさん読むのですが、映画も20本以上観たし、お笑いライブを観にいったり、落語を聴くようになった。

人間を知ること、感性を磨くこと、AI時代を生き抜くための人間業(にんげんわざ)を磨いているような、今改めてそんなことを感じている。

ガナーズ・ヘアードレッシング

ボクが経営する美容室『ガナーズ』は波がなく安定した経営をすることができました。

これも信頼しているスタッフのおかげ、支えてくれるお客さんあってのこそ。感謝の気持ちで一杯です。

来年はこの『ガナーズ』の変革期だと思っています。ひとりのスタッフが帰省するため、新たにスタッフを迎い入れることが既に決まっていますが、この機会にボクはガナーズに力を入れることを誓いました。

師匠はよく「経営者はアーティストにならなければいけない。」「お店や会社は作品だと思え!」そう言います。ボクのお店はどうだろうか?そう考えた時、まだまだ作品として輝けていないなと思った。

「再現性のないことに価値がある」師匠はこうもつづけます。当然、ボクのお店にはそのような価値はなかった。ボクにとって”再現性のない価値”とは何だろうか?ここ数ヶ月の間で考えまくった。

そして決めました。『サッカージャーナリストがカットしてくれる美容室』を目指そうと。選手や監督、サッカー関係者が髪を切りにガナーズに来てくれる。カットしながらインタビューして記事に仕上げる。サポーターたちもボクと話にガナーズで髪を切る。こんな事が出来たら面白くない?てか、そんな美容室ないし!

サッカー馬鹿のボクにとって、夢のようなストーリーですが、そんなことを考えていたら、もう既に予約まで頂けるようになっていた。

色んなイベントを企画したりして、もっともっとサッカーを軸に楽しめたら良いなぁ。たくさんの人たちを喜ばせたいな。

フロリダ族

大晦日にもかかわらず、ワクワクが止まらないって感じ。

そしてボクの私塾『フロリダ族』も絶好調でした。今年もたくさんの人たちと出会い、頑張ってる人、上手くいった人、来年も引き続き、ココから活躍する人をたくさん増やしたい!

来年も上半期の塾既に満員ですし、ボクも引き続き研究しまくって、価値を届けられるように努力していきたいなと思う。

そんなわけで、今年はサッカージャーナリストとエクスマとフロリダ族、そしてガナーズと。楽しい時間はあっという間に過ぎ去りました。

そして何よりも常に隣で笑顔でいてくれる奥様には本当に感謝しています。彼女の笑顔を絶やさないこと。ココが一番大切なことだと、今こうして雪景色の静かな田舎町の温泉に浸かりながら、こんなことを考えてました。

先ずは今年最後の日を満喫しよう。来年のことはまた明日から考えます。ボクにかかわってくださった皆様、ならびに当WEBサイトの読者様。今年一年本当にお世話になりました。また懲りずに来年もお付き合い願います。

<了>

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP