コンサル

2014.9.25

  • 0
  • 0

愛すべき米澤晋也

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

長野巡業2日目は、上田に移動、その前に善光寺に連れてってもらおうか?それとも、長野パルセイロのホームスタジアム、あ、今改装工事中だったかな?ともかく、長野巡業合計7日間は、この方にわがままを言い続けよう、うん、心置きなくわがままになろう。

米澤晋也という男、ボクのブログにも度々登場するので、ご存知の方もいるかと思いますが、敏腕経営者でもあり、講演者でもあり、「指示0経営」というマネージメント理論を発信していて、彼のやっていること、発信していることに、ボクは、めっちゃ共感している。

長野で会ったり、都内で会ったり、会う回数こそ少ないんだけど、実はボク、会うたびに思ってることがあるんですよね〜

スネ夫っぽいんですよ。

images

本名は「骨川スネ夫」、そう、あのドラえもんの名脇役といっても過言ではないその存在感、いつも新しいおもちゃを自慢するあの得意げな顔、横文字大好き、カッコよさ、スタイリッシュなモノがとっても好きで、学校のアイドル「しずかちゃん」を喜ばせようと試みるも、いつもドジをやらかす。そんな彼の生き様はとっても愛らしい・・・

米澤晋也は、どことなくスネ夫だ。

ダウンロード
たぶん本人にも自覚があるのだと思うよ。だって、何事もきっちり準備をするし、きっちりと結果も出す。たまにヘマをやらかすこと、それをわかってるかのように、とにかくきちんと準備をする。それに横文字も大好き、彼は奇跡のことを「ミラクル」といい、幸せのことを「ハッピー」という、そんな彼の姿を従業員はどう思ってるのだろうか?(笑)

社員が自発的に行動する、それは、指示によるものではなく、本人が楽しいと思っていて、喜んでくれるお客さんがたくさんいる、従業員がやりがいを感じる環境を作ること、それが社長の大きな仕事なんだ。彼が提唱する『指示0経営』と、ボクの『サポーター論』、本質は同じなんです。

大きかれ、小さかれ、経営者は、マーケティングとマネージメント、二つの壁に打ち当たります。カンタンに言うと、マーケティングとは売上げを上げる仕組みづくりのことで、一方の、マネージメントとは、会社の仕組みづくりです。「金」と「人」経営には、切っても切れないこの2つ。双方が上手く行かない限り、当然、長期繁栄はあり得ません。

「金」で苦しむ経営者、「人」で苦しむ経営者、両方で苦しむ経営者、彼の提言は、非常に生々しく、だからこそ、彼の言葉に耳を傾ける経営者も多い、マネージメントからの視点と、マーケティングからの視点が織りなす、新しい形を二人で発信していけたら、めっちゃオモシロイだろうな〜

この7日間、そんな、真面目な話もしてみようかと思ってます。

て・い・う・か・・・昨日も言ってたな〜

「このコンパクトなボーズのスピーカーカッコいいだろ!」って(笑)

昨日のセミナー中、そのスピーカーから流れる音楽にリズムをとっている彼の姿に閉口した方もいたのではないでしょうか?(笑)

さ、今日もよねちゃんと一緒にガンバリマス^^
今日は上田で講演です。

最後に一言、米澤晋也は、どことなくスネ夫っぽい。

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP