コンサル

2018.3.18

  • 119
  • 0

【ブログの書き方】完璧主義とは最初から完璧を繕うことではない、完璧を目指そうとする姿勢である。

完璧主義とは最初から完璧を繕うことではない、完璧を目指そうとする姿勢である。

「ブログ書きますっ!」

と言っておきながら、気がつけば1ヶ月が過ぎ去ろうとしている。聞くところによると「上手な文章が書けない」そうだ。

「あんたは作家かい?」

作家でさえなんとか知恵を振り絞って死ぬ気で期限に間に合わせようと踏ん張っているのに、である。

「はじめから完璧な文章なんて書けっこないじゃん」

そもそも完璧文章なんて存在するのだろうか。

たとえ書き終えた時点で完璧だと自己絶賛したとしても、後になって「なんて稚拙なんだ」と落ち込むのが相場だから。それにね、

「そんなに読まれないから!」

よほどの有名人ならともかく、あなたは普通の人でしょ?

よく完璧主義だからねと言い訳する人がいるけど、完璧主義とは最初から完璧を繕うことではなくて、完璧を目指そうとする姿勢ではないだろうか。

“果てしなき完璧への追求”これぞ完璧主義じゃね?

だとしてもね、テキトーに書いた文章を披露するのはあまりにも失礼ではないかとも思うわけです。あ、読む人のことを考えたらね。だってブログは流れてきた情報ではないから、わざわざ開いて閲覧するものだから。

せいぜい60パーセントの出来栄えを妥協点に設定しておくべきだと思う。

文章が書けない理由は他人の文章を読む量が足りないから。 よく、たくさん本を読んだ方がいいと言われていますがそれも一理あります。好みの文体があることで、理想像をイメージし易くなるからです。

そもそもあなたにとっての完璧とは何ですか?ボクにとっての完璧は、完璧にキマッた文章を書くことではなく、多くの人たちに支持されること、願わくば応援される人になることです。

ダメからスタートして少しずつ上手くなればいいじゃない、読者に喜ばれるように工夫を重ねていけばいいじゃない、はじめから完璧な人よりもむしろその方が応援される。

もしいつまで経っても上手にならないとしたら、それは工夫の仕方が見当違いである可能性が高いかもしれません。もしかしたら頑固なのかなぁ(笑)

もう放置するのはやめましょうよ。少しずつでもいいから達者になれるように努力を積み重ねましょうよ。その姿勢から滲み出る人柄に人は惹き込まれるのだと思う。

そんなわけで3/26、4/2、4/9、いずれも月曜日の20時からボクのツイッターアカウント(@gunners5050 )より『ブログ講座』のライブ配信をやります。まずはボクのアカウントをフォローしてね、そのあとにアカウント通知を設定してください。

それと同時に配信会場の『ガナーズヘアードレッシング』にてブログ講座の受講者の募集もしています。時間の都合上、一回につき限定3名まで、残り募集人数は下記のとおりです。

3/26(月) 満席
4/2(月)

残り1名

4/9(月)

残り2名

今年はブログの年です。というよりブログに力を入れるべき一年だと感じています。ブログの達人になってSNS時代を駆け抜けましょう。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP