コンサル

2018.4.20

  • 120
  • 4

メルマガ登録者とフェイスブックで「いいね!」をくれる人、どっちの方がボクのことが好き?どっちの方が買ってくれる?

メルマガ登録者とフェイスブックで「いいね!」をくれる人、どっちの方がボクのことが好き?どっちの方が買ってくれる?

先日、メルマガをはじめました。どうして今さら?という話は一旦置いておいて、たくさんの方が登録してくれた。

「ありがとうございます!!」

配信者のボクは登録者の名簿を見ることができます。その名簿に並んでいる名前をみて驚きました。

半分以上は会ったことのない人でした。おそらくその方々のほとんどはSNS上でのつながりもありません。メルマガを始めなければ出会うことのなかった方々ということになるわけです。それだけでもメルマガを始めて良かったと思います。

でも逆を言うとですね、なぜSNSで「いいね!」をくれる人、頻繁にコメントのやり取りをする人たちが、メルマガに登録してくれないのかという疑問が浮かびます。

ボクのことには関心を持ってくれている。でもボクのビジネスには興味がない。そういうことですよね?

当然の話です。だってクリーニング屋を営んでるSNS上の友人が洗濯の仕方を教えてくれるメルマガを始めても、確実にボクは登録しないですから。でもボクは彼を応援している。

その応援者の存在がビジネスの可能性を広げてくれます。

SNS上に情報発信をする、応援者の「いいね!」が第三者への伝播を促す。瞬く間に、ボクのビジネスに興味を持ってくれた人が現れる、その人とコミュニケーションが生まれる。そこで取り交わされるコミュニケーションがさらに拡散を後押しする。驚異的なスピードで情報の伝播が巻き起こります。

あくまでも想像上の話ですが、SNS上でのつながりのないメルマガ登録者の多くはSNSの伝播によりもたらされたと考えられます。

そしてやはり見逃せないのが”ブログのチカラ”です。

検索キーワードを打ち込み、検索エンジンに表示されたボクの記事を閲覧する、興味を持っていただいて、幾つかの記事をつづけて閲覧してもらえた。そしてメルマガ登録に至る。

どれだけSNS上で関係性を育んだとしても、コンテンツやプロダクト(商品やサービス)の価値が発信されていなければビジネスは完結しないということです。

SNS上での関係がなくても、コンテンツやプロダクトに興味を持っていただける、その方々とどうやって関係性を育んでいこうか、その答えの一つがメルマガであり、通信講座なのです。

何度も言うようですが、今一度、ビジネス完結までのシナリオを見つめ直すべきです。SNSの在り方、ブログの立ち位置、それぞれの活用の仕方。

未だに自動更新を利用してSNS上にブログを投稿する人がいます。「アメブロ更新しました」って。日記ブログに終始してしまっている人もたくさんいます。全てのSNSツールを浅く満遍なく扱う人も多く見かけます。

ボクはあくまでもブログ中心のシナリオを描いています。まだまだ試行錯誤は続きますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ活用やSNS活用に興味ある方にぜひ参加して欲しい!!
『フロリダ族・2018年のスケジュール』

週一ペースでメルマガを配信しています。
メルマガ登録はこちらから

ブログ活用・無料通信講座のはじめました。
ブログ活用通信講座の登録はこちら

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP