コンサル

2014.10.13

  • 0
  • 0

本当にお客さんを大切に想ってる?それを知るためのワークショップ

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

w02 のコピー

「あのお客さん、そろそろ来るかな〜?」

今日、そう思ったお客さんが来店してくれた。

「おー!スゲー偶然!!」・・・って、

こんな経験したことありませんか?

実はコレ、偶然なんかじゃないんですよ。
そのお客さんのことをどれだけ大切にしているか?その現れなんですよね。

「お客さんのこと好きか?」

大好きなお客さんが多い人、その人は、たくさんのお客さんから愛されてる人です。

相思相愛の関係を築いているお客さんが多い分だけ、そのお店は繁盛しています。
著書『サポーター論』の中で、ボクはこう言ってるわけですが、

相思相愛とは、どちらかが一方的に愛情を感じているのではありません。
お互いが好き同士であること、それが相思相愛の関係性です。

でも、この人間関係を商売に置き換えた時、ボクたち商売人はつい、お客さんに好かれることばかりを考えてしまいます。

お客さんに好かれること、それと同じくらい、お客さんのことを好きでなければ、相思相愛の関係は築けません。

「お客さんを好きになること」

その第一ステップとして、ボクのお店「ガナーズヘアードレッシング」では、こんなワークショップを行っています。

まず、紙を用意します。
その紙に、あ・か・さ・た・な・・・と頭文字を書く。
そこに、今憶えているお客さんの名前を書いていく。
制限時間は30分。

こんな感じに進行していきます。

そうするとですね、

案外、お客さんの名前を憶えていない事実がわかるんですよね。

名前がうろ覚え、下の名前何だっけ?とか、顔は憶えてるんだけど、名前が出てこない・・・とか、

そしてね、

たくさんの名前を書けた人、その人は間違いなく売れっ子だってことがわかります。

「目の前のお客さんを大切にしてますか?」
「本当に大切にしてますか?」

こんな感じのワークショップ、是非やってみてね。

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP