日記

2018.5.8

  • 116
  • 8

伝えなければ存在しないのと一緒 届いていなければ伝えていないのと一緒

伝えなければ存在しないのと一緒 届いていなければ伝えていないのと一緒

私には夢がある、伝えたいことがたくさんある。ボクの記憶に狂いがなければ、確かにあの人はそう言っていたはず。それにブログを書くと宣言していたはずなのに、月に1記事の頻度で3、4記事、最後に書いたのが約3ヶ月前、あの時の瞳の輝きはいったい何だったのだろうか。

想いは形にしなければ伝わらない、想っているだけでは、ただの独りよがりです。

たとえ稚拙でも文章にしたためておくことはとっても大切です。ですが、せっかく書いた記事なのに届けなければ、誰からも読まれることはありません。

ブログを届ける方法はいくつかあります。1つはSNS上にシェアする方法です。

ところがシェアの仕方次第で読まれることも、読まれないこともあると思うのです。

たとえば自動投稿。記事の投稿と同時にツイッターやフェイスブックに自動的に投稿してくれる仕組みです。よくSNS上に「アメブロ更新しました」という一文に見覚えがありますよね。あれは誰の目にも自動投稿だと分かります。もし「それを使って何が悪いのか?」と反論する人がいたら、残念で仕方ありません。

センスなさすぎですよ。読んで欲しいのならリード文くらいフツー書きません?有名人や著名人なら話は別かもしれませんが、どうして一般人のあなたのブログを読むのに時間を割かなきゃいけないのか。少しくらい相手の都合を考えるべきです。

そしてもう1つ、何でそんな雑なタイトルを付けるのか、マジで意味がわからない。「お!〇〇さんがブログを更新した、待ってました!」そんな夢みたいなことはまず起きないでしょう。これまた同じです。少しくらい読み手のことを考えたっていいんじゃない?

ブログを書く、絶え間なくブログを書き続けることは至難の業です。ですが、誰にでもやろうと思えばカンタンにできます。でもめんどくさいから誰もがやろうとしません。

書くと決めたら書く。でないと、「あ〜 この人は途中で投げ出す人なんだなぁ」と、かえって信用を落とします。逆に、継続に尽力している人は内容がどうあれ信頼に値すると思うのです。さらに内容が素晴らしければ、なお価値が高いですよね。

ここで言うブログの内容とは、役立つ情報でもなければ、笑える内容でもありません。もちろんそれに越したことはありませんが、伝えたい、届けたいもいう、情熱や優しさが溢れていること。ボクはこれだけで充分だと思います。

コレを書いてあげれば、きっとあの人の役にたつだろうな、こう表現すれば、きっとあの人は腹を抱えて笑うのだろうなとか。ただ自分が言いたいことだけを並べるのではなく、ただウケ狙いのために奇をてらうのではなく、情熱とか優しさとか、ブログとは、そういうことを表現する場でもある。

ブログを通じて好きになってもらい応援してもらえるようになる。これは並大抵のことではないけど、やらないことには始まらない。

伝えなければ存在しないのと一緒 届いていなければ伝えていないのと一緒。毎日愚直に向き合おうではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メールマガジン(メルマガ)を始めました。役立つ情報を週一のペースでお届けしています。
 
<メルマガ登録してね。>

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP