サッカー馬鹿

2014.10.17

  • 0
  • 0

日本人を傍観者にさせてしまうネイマール劇場〜ブラジル戦〜

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

今年最大のイベント埼玉スタジアムでのJ活を終えて、ようやく観ることができたブラジル戦。我らが日本代表にとって、このブラジル戦はアギーレJAPANの現在地点を知るための重要な一戦だ。

シンガポール・インターナショナルスタジアムに降り立ったブラジル代表メンバーは、世界的スーパースターネイマールをはじめ、世代交代は進みつつも現時点でのベスト布陣で臨むのに対して、日本代表は、本田、長友らレギュラー選手の多くはベンチスタート、サブメンバー中心の布陣でサッカー王国ブラジルに挑みました。

GK 川島 DF森重、塩谷、太田、酒井高 MF 田口、柴崎、森岡 FW 小林悠、岡崎、田中順

目指すはあくまでもアジアカップ制覇であって、たとえ相手がブラジルだろうとこの一戦は、テストの場である。この布陣には、アギーレ監督の強い信念が伺えます。

「0−4」

結果は完敗・・・スタジアムは、全得点を決めたネイマール劇場と化した。

スタジアムで観戦していた日本人すら、思わずネイマールに拍手を送ってしまう、日本代表のふがいなさ、アギーレ采配への不満、日本を代表する戦いにテストの場はない!フラストレーションを通り越し、多くの日本人を傍観者にしてしまったこの一戦はいったいなんだったのだろう・・・。

写真 (35)

後半から出場した本田選手

メンバーを固定せず、競争を活性化させる、選手層を厚くし、チーム戦術を深く浸透させる。アギーレ監督の狙いも頷ける。しかし、この試合に欠けていたもの、それは戦術でもなければ、個のチカラでもない、チームをまとめるリーダーの存在だ。

好不調に関わらず、試合に出場すべき選手、それはキャプテンである、ボクはそう思う。アギーレJAPAN始動から4戦目、これまでキャプテンマークを巻いていた本田選手を先発メンバーで起用しなかったこと。ここだけはボクは賛同できない。

チームにとって、リーダーシップを発揮できるキャプテンの存在は不可欠なのです。

遠いシンガポールまで駆けつけ、声援を送り続けたサポーターたちへ、こんな試合を見せてはダメでしょ?
日本を代表して戦ってんだから、勝ちにこだわらなきゃダメでしょ?

2018年ロシアW杯で勝つために、最も必要なのはチームとサポーターとの絆です。

ワールドカップを勝ち取る国は、サッカーを愛する人が最も多い国ですから。

国民を傍観者にしてしまったこの試合、ボクは到底納得ができない。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP