コンサル

2018.6.5

  • 110
  • 9

米沢八湯会プレゼンツ『エクスマセミナー』

米沢八湯会プレゼンツ『エクスマセミナー』

米沢を訪れるのはもうかれこれ10回を優に超える。2018年、新年を迎えたのも米沢でした。米沢を訪れる多くの観光客の目的は大方、米沢牛であり、温泉であり、上杉神社あたりが一般的かと思われますが、ボクがこの地を訪れる理由はその中のどれにも該当しない。米沢を舞台に活躍している人たちに会うためだからです。今回もまた然りだ。あ、温泉は本当にサイコーですよね、小野川温泉の登府屋旅館のお湯は特にお気に入りです。米沢牛なら金剛閣ですね。

さて、今回の目的は米沢八湯会プレゼンツ『エクスマセミナー』に登壇すること。地域を盛り上げようと立ち上がる人たちの力に少しでもなれるように、全身全霊で講演させていただきました。

この日のテーマは『エクスマ的SNS活用』

SNSを広告宣伝に代用しようというものではなく、SNSを活用して発信する、コミュニケーションをする、ボクたちはあくまでもエクスマ的なSNS活用にこだわっている。その方が効果が高いから。「楽しい!」を創り出し、たくさんの人たちを巻き込む。そのためには遊び心が欠かせない。

美容室のお仕事に大好きなサッカーを組み合わせてみた。そうしたらサッカー好きのお客さんが集まり、フットサル大会を開催するまでになった。SNSでもサッカー好きを発信したら、プロのサッカーライターになって、好きなことが仕事になった。そしてさらに美容室にサッカー好きが集まるようになった。ついに現役Jリーガーが来店してくれた。

ボクの事例は、劇的に売上が上がるとか、そういう現象が起こったという類の話ではありません。だってJリーガーだろうと、近所のおばちゃんだろうと、いただく金額は変わらないから。でもボクは思うんですよ。お店の個性は来店してくださるお客さんが示してくれるものだと。好きなことを仕事と組み合わせることで、仕事がより面白くなった。お店が個性的になった。「あなた以外考えられない」と言ってくださるお客さんが増えた。応援してくれる人(サポーター)がたくさんいること、それがお店の価値。そんなお話をさせていただきました。

全てはエクスマ的かどうか。そこがもっとも重要だと思う。師匠 藤村正宏先生の講演を聴いていて、改めて確信した。例えば発信一つとっても、お店が言いたいことを並べるのではなく、お客さんが知りたいことを届けてあげる。まさしく”モノを売るな!体験を売れ!”ですよね。SNSは発信が目的ではない、コミュニケーションすること。関係性を育むことが目的だということ。

そして何よりも、この日100名を超える参加者を集めた、米沢八湯会の皆さんの情熱、そして結束力が羨ましかった。この企画はこの日の講演を含めて全4回のプログラムが用意されています。第2回『動画作成術』第3回『写真撮影術』第4回『コミニュティー作り』とワークショップを経てSNS活用の達人を目指しましょ。

<米沢八湯 セミナー&ワークショップ>

まだ募集は続いているのかな?ボクは全4回に関わる予定です。また来週お会いしましょう!!

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP