サッカー馬鹿

2018.6.25

  • 1
  • 3

驚異の粘りで二度のビハインドを追いつき価値あるドロー またもや本田圭佑が結果を残した。〈日本2-2セネガル〉】

驚異の粘りで二度のビハインドを追いつき価値あるドロー またもや本田圭佑が結果を残した。〈ロシアW杯11日目 日本2-2セネガル〉

「よく追いついた!」二度にわたりリードを許す苦しい展開の中、西野采配が奏功し日本はGL第2戦セネガルとの対戦をドローで終えた。

 
共に初戦を勝利した両チームの対戦、勝てばGL突破をほぼ手中に収めるとあって、試合は序盤から激しい攻防戦が繰り広げられた。
 
日本はコロンビア戦と同様のメンバーがピッチに立った。中でも注目だったのは相手プレスに苦しみ本来の動きが影を潜めていた乾 貴士を継続起用したこと、FKを逸し得点を許したことで激しいバッシングに見舞われているGK川島 永嗣も指揮官の信頼に揺るぎはないようだ。そして怪我による欠場が懸念されていた柴崎 岳も元気な姿を見せてくれた。
 
□セネガルのハイプレスに苦しめられた。
 
セネガルは試合序盤から前線から積極的にプレスを仕掛けてくる。ボールを奪ってから一気に縦へ、手数をかけずスピーディな展開からゴールに迫る。そもそもこのスタイルは日本が目指していた形でもあった。
 
たしかに相手のハイプレスは脅威だった、あっさりとペナルティーエリアへの侵入を許してしまうことで、日本は幾度となくゴール前の混戦に合間見えることになる。
 
ゴール前の攻防は瞬時の判断力が命取りになる。最初の失点シーンに対して、おそらくGK川島のパンチングが相手FWマネの前に転がったことへの非難が想像できるが問題はその前のシーン、左サイドからクロスに対して原口 元気が中途半端なバックヘッドで対応をしてしまったプレーが引き金となっていた。
 
□ボールを素早く動かしポゼッションを高める日本
 
前戦同様に終始落ち着いたプレーでじわりじわりとペースを掴む日本、相手のハイプレスに対し長谷部が最終ラインに下がり冷静対応すれば、素早くボールを動かすことでスピーディなプレスを難なく交わしていく。
 
時間を追うごとに連携を深める日本は、右からのサイドチェンジを長友 佑都がワントラップで相手を交わし、斜めにドリブルを仕掛けシュート体制に入る。その瞬間、長友の動きに対しクロスに走り込む乾とボールをスイッチ、狭いシュートコースを狙いすました乾のシュートがGKの左手をかすめゴールネットを揺らす。
 
□チャンスを生かせず一瞬の隙を突かれ失点
 
後半に入ってからも日本ペースで試合は進む。日本は大迫 勇也の鮮やかなポストプレーで推進力を高め、酒井 宏樹との連携で幾度もチャンスを作り出していた原口。左右から果敢に攻勢を強める日本。逆転ゴールが生まれるのも時間の問題かと思われていた時間帯に、日本はまさかの失点を喫してしまう。
 
ペナルティー右方向に侵入してきた相手に対して冷静に対処していた日本だが、マイナス気味のクロスに後方から飛び出してきた選手を捕まえきれずシュートを打たれてしまう。一瞬の隙を突かれた日本はあまりに痛すぎる2点目を献上してしまう。
 
□西野采配が的中
 
交代のタイミングを伺っていた西野監督だが、失点を喫した直後の70分、本田 圭佑を投入する。その3分後、原口から岡崎 慎司にスイッチ、本田を右へ据え、岡崎をツートップ気味に起用。そのわずか数分後、コロンビア戦に引き続きまたもや交代選手が決定的な仕事を成し遂げる。
 
大迫が右サイドから中央へクロス、中央で岡崎が潰れボールは左サイドに流れる。左サイドに待ち構えていた乾がこぼれ球をダイレクトに中央にクロス再び岡崎が潰れ右サイドに流れたボールを今度は本田が冷静にゴールに流し込みゴール!日本が再び同点に追いつく。試合はそのまま2-2でタイムアップ、セネガルと勝点を分け合う結果となった。
 
□GL突破に前進
 
GL2試合を終え、セネガルと日本が勝点4、この試合の後に行われたポーランドvsコロンビアは0-3でコロンビアが完勝、これでポーランドのGL敗退が決まった。最終節は調子の上げてきたコロンビアとセネガルが対戦、もう一方で日本は既に敗退が決まっているポーランドと対戦する。この試合で引き分け以上の結果なら無条件でGL突破が決まる。敗れてもコロンビアvsセネガルの結果次第で日本の決勝トーナメント進出が決まる。
 
試合後、日本代表ユニフォームを着ていたボクにたくさんの人たちが握手を求めてきた。粘り強い戦いを演じた日本への賞賛だとボクは受け止めている。世界最高峰の舞台で輝く選手たち、彼らは日本の誇りである。大袈裟に聞こえそうだが、これが現地で観戦したボクが感じた正直な感想だ。
 
粘り強い戦いを見せてくれた日本、その原動力になっていたキャプテン長谷部 誠が累積警告で次戦の出場停止が決まっている。今後は出場停止やコンデションの影響などが重なり、総力戦の様相が想像できる。我らが日本代表には、途中出場で結果を残した本田、岡崎ら頼りになるベテラン勢がいる、今後は、遠藤 航や大島 僚太など若手の台頭もあるかもしれない。
 
まずは次戦ポーランド戦で勝利を、そして史上初のベスト8へ。ロシアに魂を置いて、ボクは帰国の途につきます。

ロシアW杯 大会11日目

グループG イングランド6-1パナマ
グループH 日本2-2セネガル
グループH ポーランド0-3コロンビア

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP