サッカー馬鹿

2018.7.23

  • 5
  • 6

イニエスタ途中出場も自らのミッションを完遂。全ての得点は我々の意図が宿っていた。〈J1 第17節 神戸0-3湘南〉

イニエスタ途中出場も自らのミッションを完遂。全ての得点は我々の意図が宿っていた。〈J1 第17節 神戸0-3湘南〉

 
J1 第17節 ヴィッセル神戸0-3湘南ベルマーレ(ノエビアスタジアム神戸/26.146人)
10分 坂 圭祐
48分 齊藤 未月
67分 菊地 俊介
 
アンドレス・イニエスタのJリーグデビュー戦を一目見ようと、ヴィッセル神戸の本拠地ノエビアスタジアム神戸に26.146人の観客が詰めかけた。
 
J1 第17節 大観衆のノエビアスタジアム神戸に乗り込んだ湘南ベルマーレはドロー決着となった前節鳥栖戦から3名のスタメンを変更。
 
J2徳島ヴォルティスから完全移籍で加入したばかりの山崎 凌吾をワントップに起用、右サイドに負傷明けの藤田 征也が今シーズン初のリーグ戦出場、これまで同じポジションを担っていた岡本 拓也が右センターバックに入った。一方のアンドレス・イニエスタはベンチスタートとなった。
 
先制点を挙げたのは湘南の方だった。前半10分、右CKを得た湘南は秋野 央樹がボールをセット。ショートコーナーを選択した秋野は一旦味方にボールを預け、再びボールを受けるとそのままダイレクトに左足でクロスを放つ。マークがずれた神戸守備陣に坂 圭祐が競り勝ちヘディングシュートをゴールネットに突き刺した。
 
前半終了時点でのボール保持率は神戸が63%、対する湘南は37%だが、守備に時間を費やしながらも時折見せる鋭いカウンターで神戸守備陣を脅やかす。
 
後半開始3分、ウェリントンのボレーシュートがゴールポストを叩き、決定機を凌いだ直後にゴールシーンが訪れた。味方がカットしたルーズボールを齊藤 未月がヘッドで山崎につなぎ、そのままゴール方向へ猛進、ディフェンスラインの背後に抜け出した齊藤が再びボールを受け絶妙なバランスボールコントロールでゴールに流し込み湘南が良い時間帯に追加点を挙げた。
 
そして後半14分、アンドレス・イニエスタがついにピッチに降り立つ。合流から間もない出場なだけに、連携不足を露呈する場面がいくつも見られたが、CKのボールからダイレクトボレーを放つなど世界屈指のプレーで存在感を発揮した。
 
後半22分、湘南が駄目押しとなる3点目を挙げる。左サイドで粘る石川 俊輝が前線の鈴木 国友へパス、鈴木はシュートフェイントから右サイドからフリーで上がってきた菊地 俊介にラストパス。これを菊地が冷静に決め試合はこのまま終了、湘南が敵地で勝点3を手にした。
 
得点を取った形全てに我々の意図があった、と振り返る湘南 曺監督。注目のイニエスタに関しては、クオリティーが高いに決まっている、それを1日ビデオを見せて解決できるようなことではないと語った。騒がしい中で行われた試合だが、ディフェンス陣をはじめチーム全員が集中力を切らさずに自らのミッションを完遂した。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP