サッカー馬鹿

2019.5.30

  • 0
  • 3

死の組を無敗で突破!世界の舞台でもやれる実力を証明した。〈U-20W杯GLイタリア0-0日本〉

 
既にグループリーグ突破が決まっているイタリアは前節勝利を収めたエクアドル戦から9名のメンバー変更を実施、決勝トーナメントでの戦いに備え主力を温存。それでもイタリアはグループリーグ1位通過を手中に収めるべく”引き分け狙い”のしたたかなサッカーを展開。
 
対する日本は引き分け以上の結果でグループリーグ突破が決まる。敗れれば他会場で行われているエクアドルvsメキシコの結果に委ねることになるが、勝てばグループ首位に躍り出ることができる。こうした背景の中、日本はメンバー変更を4名にとどめメキシコ戦完勝の勢いを継承し勝利を目指した。
 
日本が試合をとおして放ったシュートは「19本」スピードのある田川をはじめ、斉藤光毅、山田康太、西川潤とテクニカルな選手が前線で躍動。10分には圧倒的なスピードを見せた田川が走力で相手を振り切りPKを獲得。キッカー伊藤洋輝のシュートは相手GKのファインセーブで防がれたが、日本は何度も好機を作り出すもイタリア守備陣のブロックに阻まれてしまう。
 
引き分け狙いの相手に容赦なく攻勢を仕掛ける日本だったが、その中でひときわ輝いてきたのは、キャプテン齊藤未月のボール奪取能力の高さだった。とりわけ”出足の速さ”と”球際の強さ”は群を抜いていた。「後ろからの攻撃参加を増やしたい、シュートまでやりきること」と試合後に課題を口にしていた齊藤未月だが、攻守の要として存在感は際立つばかりだ。
 
強豪相手に圧巻のサッカーを披露した日本だが”攻めさせながらも守り切る”イタリアの図中にハマり試合はスコアレスドローで決着。イタリアは首位の座を守り、日本はグループ2位で決勝トーナメントに駒を進めた。
 
日本が所属するグループBはイタリア、エクアドル、メキシコが同居する死のグループと言われていた。それでも日本は臆するどころか世界の舞台でも引けを取らない力強さを発揮した。
 
田川と斉藤光毅の負傷交代は気掛かりなところだが、田川に代わり途中出場となった中村敬斗が余りある活躍を披露するなどベンチメンバーも充実している。
 
決勝トーナメント1回戦の相手は韓国かポルトガルと予想される。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP