コンサル

2019.12.11

  • 110
  • 7

『理美容業の倒産件数が4年連続で増加』のニュースから見える未来を解説

こんにちは 勝村大輔(@gunners5050)です。

この記事を書いているボクは、美容師歴史25年、人口20万の市内に20坪ほどの小さな美容室を営んでいます。お店はまもなく開業から15年目を迎えます。

先日に下記のツイートをしました。

やはり中規模サロンは今後の在り方を考え直す時期だと思う。

そもそも参入へのハードルが低すぎるも一因かもですね。

 

このツイートのネタ元は下記のニュースです。

『理美容業の倒産件数、4年連続で増加』

上記のニュースに添付されていたグラフを閲覧すると、

美容業の倒産件数は、2016年から4年連続で増加していることがわかります。しかも今年(2019年)は「167件」と過去最高の件数を示しています。

ただし、この「167」という数字は、美容室以外の理容室、エステサロンが含まれます。

倒産件数「167件」の内訳は下記のとおりです。

  • 美容室(86件)
  • 理容室(40件)
  • エステサロン(17件)

 

ハタから見ると似たような業態に思われがちですが、上記3つの業態の各々が異なる事情を抱えています。

本記事では美容室事情について言及します。

淘汰はさらに進む

2019年、美容室の件数は過去最高の25万件を突破しました。

その数は増加の一途を辿っており、その一方で倒産件数も増えているといったところ。

問題はこの先です。

下記のグラフは、美容師免許取得者の数を表しています。

 

美容師免許の取得者は、昨年(2018年)こそ(昨年比3.9%)と微増を記録しているものの、

10年のスパンで俯瞰すると、今後、その数が増えていく見込みはかなり低い。

人材不足は想像以上に深刻です。

その証拠は、下記のグラフ 『高齢化の推移と将来統計』を見れば一目瞭然です。

今後は、高齢化と人口の減少が加速の一途を辿ります。

いまさら少子高齢化なんて、と思われるかもしれませんが、

このグラフが示す15年後の未来は、ピーク時の2010年と比較すると分かりやすいかもしれません。

  • 15年後の人口は、ピークの2010年から1650万人減少
  • 65歳以上の高齢者の割合は、2010年(23%)から2038年には(32.8%)になる。

 

ちなみに、1650万人という値は、現在の東京都の人口(1393万7664人)を大きく上回ります。

15年後の日本は、東京都の全人口分を凌ぐ人の数が減少するということです。

かなり危機的な状況です。

当然のことながら、美容室の淘汰はさらに進行するでしょう。

以上のことを踏まえると、下記の予想が立てられます。

  • 高齢化に伴い美容師の定年が延びる
  • 人材不足の影響で大型店が減少する
  • ひとりサロンやフリーランスが主流になる

 

既にその兆候が現れています。

ここから先は、考察です。

高齢化に伴い美容師の定年が延びる

今後15年の間に、美容師の平均年齢は確実に上がります。

現在(2018年調べ)の美容師の平均年齢は「30.6歳」です。

この数字は129職種中、もっとも若い。

しかし、10年前の平均年齢「29.6」と比較すると、少しずつ高齢化が進んでいます。

この流れは加速の一途を辿るでしょう。

その追い風となるのが、前述した、美容師免許取得者の減少と、少子高齢化です。

特に高齢化は、美容室の倒産件数の増加の一因と考えられますが、

今後は消費人口の高齢化に従い、美容師の高齢化も加速することが予想できます。

いずれ、高齢美容師は顧客のニーズとなるでしょう。

人材不足の影響で大型店が減少する

今後さらに美容室の淘汰が進みます。

その大きな理由になるのが、人材不足です。

熾烈なリクルート合戦から、まずはじめに脱落するのは、中型店舗でしょう。

しかし、体力に勝る大型店の独占は、そう長くはつづきません。

なぜなら、働き方の多様化に伴い、美容師の価値観が変わりつつあるからです。

今後、大型店が生き残っていくには、教育に長けている、あるいは、面貸しや業務委託に対応するなど、多様な働き方への対応が求められます。

ひとりサロンやフリーランスが主流になる

美容室の倒産件数増加の傍らで、美容室件数が最高値を記録しました。

その一因に、ひとりサロンの増加が挙げられます。

現在(2019年)8万人にものぼるフリーランス美容師の存在も見逃せません。

こうした傾向は、いずれ主流になるでしょう。

なぜなら、美容師の地位向上に直結するからです。

美容師の最大のリスクは低賃金です。

  • 美容師の平均年収は284万円
  • サラリーマンの平均年収は441万円
    (男性/521万円 女性/280万円)

(上記は、2019年11月に更新)

 

美容師の低賃金の理由と改善策の詳細は、下記の記事を参照してください。

なぜ美容師の年収は低いのか?年収アップの方法と新たな働き方を提案

 

上記の記事のとおり、低賃金の大きな要因に、美容師の生産性の低さが挙げられます。

その改善策として期待されているのが、近年、政府が推進している”働き方改革”です。

・残業廃止
・副業推進
・リモートワーク
・同一労働同一賃金
・週休3日制

 

これらは確実にサラリーマンの働き方を激変させるでしょう。

その一方で、美容業界とのギャップの拡大が必至です。

以上をもって、結論づけると、

・人海戦術による店舗拡大の無謀
・人材難とは無関係のひとりサロンが増加
・働き方が多様化し美容師の地位向上が実現

 

今後の美容師の働き方については、ぜひ、下記の記事に目を通してみて下さい。

さらばサラリーマン美容師!ようこそフリーランス!完全実力主義の時代がまもなく到来する

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP