コンサル

2020.4.25

【緊急事態宣言延長が濃厚】美容室にとって5月は正念場〜3つの過ごし方を提案〜

2. 緊急事態宣言下の営業

外出自粛はますます浸透しそうです。

市民の生活に合わせて、夜間の営業を控えるなど、自粛営業の継続が現実的です。

 

スタッフの休業に関しては、経営者の判断次第です。

 

これについては、あくまでも私見ですが、スタッフが不安を抱えながら営業することは、望ましくはありません。出勤の強要は許されません。

緊急事態宣言下にある以上、スタッフの休業は延長するつもりです。もちろん休業補償はきちんとおこないます。

 

営業するにあたり、もっとも気を使うべきは〈お客さまの迎え方〉です。

 

できる限り、お客さまにリラックスしてもらえるように、普段どおりのスタイルでお迎えしたい。

これはボクの希望です。

もはや、美容師とお客さま、どちらが感染していても不思議ではない状況です。

少なからず、店舗として最低限のコロナ対策を実施します。だからといって、ピリピリと張り詰めた空間にする必要はありません。

過剰な対応を求めるお客さまには、来店をお断りするかもしれないし、お客さまだけでなく、美容師にも感染リスクはついて回ります。

 

互いに信頼があってこそ成立します。

 

お客さまには事前に、下記の注意を促す必要があるかもしれません。

 

コロナ禍で美容室の利用を考えてるあなたへ。美容師から伝えたいこと

 

NEXT→ 最小限の売上と最低限の生活

固定ページ: 1 2 3 4

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP