コンサル

2020.4.25

【緊急事態宣言延長が濃厚】美容室にとって5月は正念場〜3つの過ごし方を提案〜

3. 最小限の売上と最低限の生活

コロナの終息はいつになるのか、残念ながら、検討がつきません。

2、3ヶ月先なのか、あるいは、1年以上に及ぶかもしれません。

少しでも心穏やかに過ごせるように、今のうちに「最低限の生活を送るためには、どのくらいの売上が必要なのか」を把握しておく必要があります。

最悪なシナリオを想定します。

普段なら、高めの売上目標を掲げて、そこに向かって努力しますが、それとは真逆に、最低限の売上で満足するくらいの余裕を持つことが大切です。

今焦っても仕方ありません。

コロナが終息してから巻き返せばいいのですから。

まとめ

美容室にとって、5月は正念場です。

すでに融資を受けて、金銭的に余裕がある人もいるかもしれませんが、心に余裕がある人はあまりいません。

給付金の受給もまだ先になる模様です。

コロナ禍はしばらくつづきます。

長期戦に備えて、今すべきは、心を整えることではないでしょうか。

今、人々はウイルスに翻弄されています。

歪んだ正義を振りかざし、怒鳴り飛ばす人も、TVの報道に過剰反応し、怯えてる人もたくさんいます。

あってはならない差別もおこなわれています。

すべての不安は払拭できないかもしれませんが、少しでも心穏やかに過ごせるように努めましょう。

美容室のコロナ対策【第3フェーズはコロナとの共存】

固定ページ: 1 2 3 4

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP