日記

2014.6.26

  • 0
  • 0

「巧い!」はなかなか伝わらない。

本日最初の記事です。
こんにちわ!かっちゃんです。2013-09-02 14.12.57 のコピー美容師の世界では不思議なことが起きています。

この不思議というのは…技術力が高い技術者が人気スタイリストとは限らないという現実です。

お客さんはどの美容室に行っていいのかわからない。どのお店も、どのカットも、お客さんにとっては同じように見えてしまう。厳しいビジネス環境に陥れば陥るほど、こういった現象が顕著に表れてきます。

お客さんから選ばれるには、技術力だけでは足りないという現実が確かにあるんです。
ここから目を背けてはダメだと思うんです。

技術は高くて当たり前。
では、技術以外に何が必要なんでしょうか?

それはズバリ「人柄でしょ!」

人間性のマッチング…どうやら、お客さんはここを求める傾向があるということです。
お店も技術も同じように感じる傾向にあるのですから、当然と言っちゃ当然ですよね?

個性的じゃなきゃ選ばれない!

ボクがいつもお伝えしていることです。

でもね、やっぱりコレだけでも足りないんですよ!!

「技術力をいかに実感して頂くか?」

いくら人柄に惹かれてたって、ちゃんとやってくれなきゃ!

「プロとしていかに信頼を得るか?」

ココも同じくらい重要なんですね。

では、お客さんの立場に立ってみましょう。
お客さんが「巧い!」を実感するのはいつなんでしょうか?

・来店前の情報で「巧い!」とイメージさせる。
・施術中のパフォーマンス
・センスの良い仕上がり
・来店後2週間(ヘアースタイルの持続性など)

ボクはこの4点、

4回のタイミングが大切だと思うんです。
この4回のうち、何回「巧い!」を実感して頂けるか?
逆を言うと、4回も「巧い!」を実感して頂けるチャンスがあるという事なんです。どのタイミングで、どのような情報を伝えたらいいか?
まだまだやれることは沢山あるはず!…ですよね?

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP