コンサル

2015.7.17

  • 0
  • 0

応援という行為は利他的なものとは限らない。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

IMG_6391
サポーター論とかいって、もう数年になるけど、長年、日本代表を応援し続けているキリンさんのポスターにグッときた。

ほとんどの人は、自分が一番可愛いし、人のことなどにかまってる暇などないかもしれない。

その感情が先走ると、自分さえ良ければどうでもいい。他人を蹴落としてでも自分が成り上がりたい。これってもしかしたら誰にでもある感情かもしれない。

だからこそ、応援したい。人を応援したいという気持ちは尊いものかもしれない。

でも、いざ応援すると、その行為が人のためだけじゃないことに気がつく。その行為自体が実は自分のため、自分が一番楽しんでることに気がつく。

ビジネスでもそう、お客さんを応援したい、仲間を応援したい。そうすることで、不思議と自分が応援される立場に変わる。応援って、何も利他的な行為ではないんですよね。

あなたは誰を応援してますか?

その想いにはきっと、利害関係、損得勘定なんてないはずだよね。

改めてサポーター論ってスゲーなと、自分で言うのも可笑しいけど、そんなことを感じたのだから仕方ないよね^ ^

てなわけで、カンタンなBlogで失礼しますね。それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP