コンサル

2015.9.22

  • 0
  • 0

ブログに何書いていいかわからない。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

「ブログに何を書いていいかわからない。」よくこんな質問をされます。

DSC_0280

専門家として役立つ情報を書こうよ。とか、好きなことを書こうよ。など、まあ色々と書いた方がいいことはありますけど、初めは書きたいことを書けばいいんじゃないの?コレ、ボクの本音です。

だってさ、それほど読まれてないじゃん、そのブログ…ましてや、まだ書き始めたばかりなわけでしょ?大切なのは、書きたい!というモチベーション。これに優るものはないでしょ。

【自分のブログに自惚れよう】

書くなと言われても書きたい。どうしても書きたい。書きたくて仕方がない。そんなブログと、嫌だけど書く。仕事だから仕方ない。そんなモチベーションで書かれたブログ、どっちが伝わるかなんて説明の必要は要りませんよね。

どんなに素敵なブログでも、自分が書いたブログが一番好き。間違いなくボクのブログは、ボクが一番読んでいます。

今日のオレ、良いブログ書いたなぁ~。…なんて。(笑) ボクはいつも自惚れてます。自惚れるくらいの記事を書くこと。ある意味ココが一番の目標です。

【好きなことを発信してみる】

ボクは週に一度、必ずサッカー観戦の記事を書きます。それらの記事は、今でこそ仕事に繋がるようになりましたが、元はと言えば、ただ書きたかっただけ。

まずは好きなことを発信してみる。それを愚直に継続してみる。初めは反応ないけど、それでもとにかく続けてみる。自分の好きなことなんて、他人にとってみればどうでもいいこと。そんなことは、初めから分かっていることなのだから気にする必要はない。

好きなことを発信し続けると、それは、やがて個性に変わります。

【個性と専門性、そして…】

好きなことを書こう。書くことに慣れてきたら、専門的な記事も書きましょ。

この人は一体、何の専門家なのか?いろんなブログを見てると、意外とこんな人が多い。だから、先ずはプロフィールをちゃんと書きましょ。そしたら次に、役立つ情報を発信しましょう。

読み手の顔をイメージする。同業者なのか、お客さんなのか、BtoB、BtoC いずれにせよ、その記事は誰に届けたいのかを明確にすること。

役立つ情報とは、書きたいこととは限りません。あくまでも、相手にとって役立つ情報ですからね。

【持論ではなく自論を語ろう】

そして最後に…そのブログは誰が書いてるのか?実はココが一番大事だったりする。

ブログは意見です。だから、自分のコトバで語るべき。他人の意見を引用することが悪いわけじゃないですよ。自分にしか語れないことを語ろうよ、ということ。

情熱とか、人間味とか。あくまでも私見だけど、伝わるブログには、書き手の人柄が見て取れます。キャラとか言っちゃうと、なんだか浅はかに聞こえそうですが、奇をてらったり、作りあげられた何かではなく、裸のコトバだからこそ伝わるのではないでしょうか。

毎日ブログを書こう。
投げ出さない、とにかく続けましょう。
伝わるブログを書こう。

ま、確かにハードルは高いよね。特に高いなぁ~と感じるのは、やはり毎日書くことかな。だからボクはこう折り合いを付けてます。

1年間で365記事書こう!毎日じゃなくてもいい、もし酔っ払って、眠くなっちったら、明日二つ記事を書けばいい。大切なのは365の機会を逃さないこと。

記事は資産ですから。ブログは、確実に自分のブランド力を高めてくれる。

だから絶対にやらなきゃ勿体無い!
それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP