コンサル

2015.10.17

  • 0
  • 0

コミュニケーションが得意な人。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

10906166_734804259963256_4962535948957769266_n

コミュニケーションが得意。そういう人に限って、それってただの話好きでしょ?そう言いたくなることがある。

自分の言いたいことだけを言う。確かに、言いたいことも言えなければ、コミュニケーションの達人とは呼べない。

けれども、人の話を聞くことの方がもっと大事じゃね?できれば、その人に好奇心を持って接してあげられればなお良い。自分に関心を持ってもらえると、誰だって嬉しいからね。

教えるのが得意。そういう人もいる。

知りたくもないのに、一方的に自論を展開して、挙げ句の果てに売り込む。最低な奴もたまにいます。

中には、闇雲に危機感を煽ったりして、人を誘導しようとする。そんな人に限って、あたかもコミュニケーションの達人かのように自称したがる。あんたの下心はバレバレだっつーの。

なんて…凄い嫌な書き方をしちゃいましたが、コレって案外、売り手と買い手の間では、よくある話だと思うんです。

だからこそ、商売において、コミュニケーションほど大切な機会はない。そう思うんです。

SNS時代に入って、更にコミュニケーション能力は必須になります。

例えばfacebook一つとっても、なんであの人は、空気が読めないんだろうか、とか、どうしてそんな雑な投稿をするのだろうか、とか、その下心、隠しきれてないよ、とか、コミュニケーションツールなだけに、そういう内面がモロわかりになってしまう。

コミュニケーションとは、ある意味、人間関係を選別する手段になるという側面もある。ボクにはそんな実感がある。

どんな人とでも、円滑に渡り合える。以前のボクは、そのためのコミュニケーションだと思っていたが、実はそうではなく、馬の合う人ともっと仲良くなれる。その一方で、嫌いな人とは縁を切る。コミュニケーションとはそのために存在しているのではないかとさえ思うのです。

人には好みがあるし、当然誰とでも仲良くなることはありません。人間関係を選別する、というと、何だかとっても冷たいニュアンスに聞こえるかもしれないけど、コミュニケーションの重要性が増すほど、そういう傾向が生じてくるのではないでしゃうか。

好きになってもらうこと、そして応援してくれる人を創り出すこと。それが得意な人がコミュニケーションの達人なんじゃないかな。

そういう人になりたいな。

今日もそんなことを考えつつ、皆さんの投稿を見ています。^ – ^それではまた。

 

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP