サッカー馬鹿

2016.1.23

  • 0
  • 0

苦しみながらも愚直なサッカーで鬼門突破!【リオ五輪 アジア最終予選 準々決勝 日本vsイラン】

「豊川だ!」「中島だ!!」昨夜のイラン戦、解説の松木さんと共に絶叫したというファン、サポーターも、かなり多かったのではないだろうか。

リオ五輪 アジア最終予選 準々決勝 日本vsイラン

▼宿敵イランに挑んむ日本
IMG_3737
負けたら終わりの戦いは、想像以上に過酷だった。

前線から積極的にプレスを掛け、高い位置でボールを奪い、直ぐさま前線にボールを配給する。イランが敷く戦術は、日本が目指してる形とよく似ている。最短距離でゴール奪うべく互いの攻防は、スピーディーで、かつコンパクトである。これほどのハイレベルな戦いは、グループリーグの3試合とは比べものにならなかった。

日本のスタメンは、前線に久保とオナイウ、その下に中島と矢島。最前線でのボール保持に奮闘するオナイウだが、寄せの早いイランディフェンス陣に手こずり、思うようにボールが収まらない。

ダブルボランチの原川と遠藤は、前線へのパスの供給元を消しに奔走するも、全てが上手く行くはずはなく、センターバックの植田と岩波が最終ラインギリギリの所で跳ね返す場面が多く見られた。

互いに譲らない展開の中、時折チャンスを作り出していたのは、日本のサイド攻撃だった。特に右サイドバック室屋の愚直な上下動は、攻撃もさることならが、守備への貢献度も高い。GK櫛引の活躍も光った。ここ一番の反応も見事だか、攻撃へと転じる正確なフィードは、確実に、日本の攻撃にリズムを生み出していた。

けれどもやはりイランは強かった。ベスト8突破を鬼門と表する報道も決して闇雲ではない。決定機をものにできなかったイランに助けられた感も否めない。負けてもおかしくない死闘は、スコアレスでタイムアップを迎え、延長戦に突入した。

▼試合を重ねるごとに高まるチームの結束力
IMG_3736

待望の先制点が生まれたのは、延長前半4分、やはり右サイドからだった。右サイドでボールをキープする室屋がディフェンダー2人を引きつけて中央へクロス。精度の高い高速クロスに、中央に走りこんできた途中出場の豊川がドンピシャヘッド。愚直な運動量と高い精度が生み出した美しいゴールだった。その後、日本は、中島の2ゴールで大きく突き放し、見事、準決勝進出を決めた。

ベスト8に出揃ったチームは、どのチームも技術は高く、フィジカルも強い。けれども、献身さという点では、日本に優るチームは見当たらない。この献身さを支えているのが、スタミナであり、スピリットなのではないだろうか。

40年振りの五輪出場を目指すイランに対し、7大会連続出場を義務付けられてるという重責が、日本の結束力を更に高めた。そして何よりも120分間走り続け、その中でも精度の高い仕事を完遂できる無尽蔵のスタミナ。

このスタミナを支えているのが、今大会における日本のチームマネージメントである。「調子の良い選手を使う」とインタビューに答えていた手倉森監督の言葉通り、グループリーグ全ての試合でスタメンを入れ替え、万全のコンディションで臨む日本に死角はない。

まずはあと一つ、そして是非タイトルを持ち帰ってきて欲しい。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP