コンサル

2016.4.5

  • 0
  • 0

SNSも販促物もシナリオの一部に過ぎない、ビジネスをデザインするという考え方。

今更ですが、今回は美容師という仕事について書いてみようと思う。(笑)

w02▲美容師とお客さんは鏡の中で対話します。

美容師は、鏡の前にお客さんを座らせて、お客さんの背後に立って、髪を切ります。

手元を見る視線、背後からお客さんを見る視線、そして鏡に映るお客さんを前から見た視線。様々な角度から眺めて、1つのデザインを作り上げます。

なので、正面から見ると真っ直ぐに見えても、上から見ると曲線になっているなんてこともよくある。

手元は常に真っ直ぐなんです。基本的にカットは真っ直ぐにしか切ることは出来ません。

真っ直ぐ切った髪が、手元から離れた瞬間にあらゆる方向へと動き出すわけで、その動きを計算に入れてカットを進めていきます。

カットが下手くそな美容師は、この丸が見えないんです。真っ直ぐに見えてしまうんです。上から見ると丸なのに、その美容師には真っ直ぐな線にしか見えません。

美容師の仕事に最も必要なのは、この丸を見極める視線。”柔らかさを感じること”なんです。

もしこの柔らかさを感じることができないのであれば、それは、何がカッコよくて、何処がカッコ悪いかが解らないということですから、デザイナーとして失格なんですね。

この俯瞰という視点を持ってるかどうかは、一流かどうかの境目でもあると思うんです。

サッカー選手も同じです。

今、自分がどの位置でプレーしているのか、今、相手は何処まで自分に迫ってるのか、今、この瞬間、自分がどんなシュチュエーションに置かれているのか。まるでスタンド上段から自分を眺めているかのように、それら全てを感じ取れる。一流選手には、この能力が備わっている。

学びも同じです。

その教えをどう受け止め、どう解釈するのか。そして、どう成果へと結びつけるのか。能力の高い人は、それらを俯瞰して捉えることができる。そして、いとも簡単に実践します。

実力者は皆、センスが良いんです。だから創り上げるデザインもカッコ良い。

snsuser_survey

ビジネスだって、もちろん同じです。

ブログやSNS、販促物も、1つの視点に過ぎません。どんなお客さんを招いて、どんな風にお客さんを喜ばせて、どうやってまた来てもらえるようになるのか。ブログだって、POPだって、デザインを描くための1つのシナリオに過ぎないのです。

だから当然、素晴らしい出来栄えのカットをしたからといって、それだけでお店が繁盛するはずはありません。

もちろん、凄いオモシロイPOPを書いたからといっても、凄く伝わるチラシを作ったとしても、毎月ニュースレターを届けたとしても、お店が繁盛するわけはないのです。

SNSやブログ、お店の雰囲気作りとか、接客やサービス、そして技術や知識。これらを活用してどんなシナリオを描くのか。そして、どんなデザインを創り上げるのか。

そのためにあらゆる方向から物事を捉える癖をつける。そして良いもの、素晴らしいものにたくさん触れてセンスを磨く。

1つのことに執着するのも悪くはないよ。でも、ホントに全体を見てんのかって。

美容師にかけて、ビジネスをデザインしようって話でした。
それではまた。

 

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP