コンサル

2016.6.15

  • 0
  • 0

柄ではない行為こそ、等身大の姿を露わにしてしまう。自分らしさを発信しよう。

「等身大の自分を発信を心掛けよう。」というアドバイスを日頃させていただいていますが、最近になって新たに気づいたことがあります。

13445425_1064980876910255_6408401277325162965_n
それは、どう発信しても等身大であることには変わらないという事実です。

例えば、柄ではないカッコつけた発信をしたとします。ところが、カッコイイと思ってるのは実は自分だけであって、周りから見たら、柄ではない人が、背伸びして発信してるんだなぁという、その人らしさが、ただ浮き彫りになってしまっているということです。

柄ではない行為が、却って自らを丸裸にさせている。全ては見透かされてるってこと。だったら素のままでイイじゃん。ボクはそう思う。

ただし、ここでいう素とは、遠慮がない、配慮に欠ける、優しさがないということとは大きく違います。遠慮も、配慮も、優しさも、その心遣いもまたその人らしさを現しているからです。

外側も内側も誤魔化せない。その人が露わになってしまう。それが良いとか悪いとかを言いたいわけではないですよ。「あ~、この人とは馬が合いそうだな。」とか「この人の主張が好きだな。」という具合に、より価値観の違いが明白になる分、より仲の良い人と繋がりやすくなったわけだ。

だからですね、どんどん自分らしさを発信すべきだと思うんですよね。ビジネスの場ならよりそうした方がいいとボクは思う。だってお客さんにとっては、あなたがどんな人なのか知りたいわけですから。自分のことをわかってくれそうな人に委ねたいのですからね。

そして自分のらしさを発信することで、誤解を防ぐこともできます。「〇〇さんって良い人だったんですね~」なんて言われたとしたら、今までどう思われてたんだろう?ってことでしょ。

Twitter、Facebook、Instagram、ブログ。手段は沢山あるのですから、特徴も、閲覧者もそれぞれなのですから、全てを使いこなし発信したいですよね。

昨日のエクスマ塾で塾生の皆さんの発信を見ながらそんなことを考えてました。

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP