サッカー馬鹿

2016.8.13

  • 0
  • 0

東京五輪こそ日本一丸でメダルを獲りにいこう!【リオ五輪男子サッカー】

東京五輪こそ日本一丸でメダルを獲りにいこう!

227

敗戦の弁を語る手倉森監督

他力本願ではどうにもならなかった。リオ五輪メダル獲得への挑戦は終わった。

グループリーグ最終戦、スウェーデンに一矢報いるも、決勝トーナメントを争うコロンビアがナイジェリアを下した時点で日本の夢は途絶えてしまった。

敗因については色々言われている。OAが足を引っ張ったんじゃないかとか、メンバー選考に問題があったなど。

けれども根本的な敗因はそこではない。五輪への本気度ではないだろうか。日本サッカーは本気でメダル獲得を狙っていたのかということ。

サッカーにおける五輪に対する本気度は他の種目に比べても、決して高いとは言えない。その理由はビジネス的な理由であろう事くらいは素人でも理解できる。

でも頼むから東京五輪は全力を傾けてくれ。おそらくそう願うのはボクだけじゃないと思う。もう二度と今回のような悔しさを味わいたくはない。毎大会とは言わない。せめて東京五輪だけは日本サッカーの結束力を見せて欲しい。

なぜならば、敗れはしたものの今大会に挑んだ日本は決して弱くはなかったからだ。ナイジェリアだろうがコロンビアだろうと勝てない相手ではなかった。運がなかっただけ。メダル獲得に相応しい実力は既に日本にはあるからだ。

次回の東京五輪では本気でメダルを獲りに行って欲しい。そのためにも今すぐにでも強化に着手して欲しい。そう願わずにはいられない。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP