日記

2017.2.1

  • 4
  • 2

想いを形にするために必要なこと、それは、ほんの少しの勇気。

仲間が逝ってしまいました。

その人は、マーケティングの”マ”の字も知らないボクに、一番優しく教えてくれた人。その人は、悩み多き頃のボクに、寄り添ってくれた人でした。なんと言っていいのか。あまりに早すぎる訃報に言葉が出てきません。

エクスマ24期の仲間たち

その人との思い出は沢山あるけど、ふと頭に浮かんできた出来事は2つあります。

それはボクが初めて講演した時のことです。初めて人前で講演すること、初めてスライドを作ったこと。人生初の講演は大失敗に終わりました。汚点の一言に尽きます。1時間の講演のはずが20分で終わってしまったり、シドロモドロで自分でも何を言ってるのか分からないし、足がガタガタと震えるし。消し去ってしまいたい思い出の1つです。

凹んでいたボクに次回の講演を持ちかけてくれたこと。そして、付きっ切りでアドバイスをしてくれたその人が彼でした。喫茶店に入り浸ったり、自宅にまで招いてくれたこともありました。誰からも振り向いてもらいない、そんなボクに唯一手を差し出してくれた人。このことは一生忘れないし、そのおかげで今のボクがいる。本当にありがとうございました。

そしてもう1つ、思い出したことがあります。それは、「これ面白いんだよ。」と言って勧めてくれた動画です。エイズで差別を受けてきた少年の意志を継いで、マイケルジャクソンが当時の大統領クリントン氏に向けて、その少年のことを唄った歌を披露する。その後、クリントン大統領がエイズに関しての法律を制定したというドキュメンタリーでした。

なぜこの動画を勧めてくれたのはかは分からないけど、想いを形にするために、行動すること。そのために必要なのは、ほんの少しの勇気をだけ。ボクはそんな風に受け取っています。その動画のマイケルジャクソンはとにかくカッコよかった。ボクもそうありたいなと思った。

その後、彼はボクたち仲間とは少し距離を置いていて、おそらく彼は彼なりに自分の信じる道へと歩んでいたのだろうと思う。

訃報を受けてから、何か手伝えることはないかと右往左往してたけど、結局力にはなれず、急遽取ったお休みを、ボクは家族サービスに当てることにした。

8年間という短い間だったけど、ボクにとってはかけがえのない時間でした。今までありがとうございました。これからもっともっと活躍して、彼方で良い報告が出来るように頑張ります。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP