コンサル

2017.11.21

  • 186
  • 39

ブログを画期的に上達させるたった一つの方法。

ブログを画期的に上達させるたった一つの方法。

ブログを書き始めてから、もうかれこれ6年ほど経ちます。ほぼ毎日、たまにサボることもある。(笑)無理なく続ける、やめたらこれまでの努力が無駄になるから。

ブログを書き続けるには、中々の根性が要ります。「習慣になるよ。」というアドバイスをされる方もいるけど、いや、間違いなく根性だね。自分との戦いって感じ。

なぜ途中で投げ出したくなっちゃうのかというと、面倒だから。文才がないことに気づいてしまうから。

とにかくメンドクサイ。何故そう感じるのかというと、何を書けばいいのか分からない。何を書こうか、書くことねーし、だから向き合うのが苦しくなる。

時間がないという言い訳も大体ココに該当します。だって書きたくて仕方なかったら、時間を割くし。要は書くのが嫌になってしまってる状態なんだよね。

それに才能がないことに気づいてしまう。文章力ねーなーって。(笑)そんなの当たり前だろ!そもそも作家じゃないんだから。文章が下手くそなのは当然です。

でもそんなことは、すぐに解消される。書き続ければ誰だって上手くなるし、そのうちひとりで自惚れるようになる。「オレ、いい文章書くよなぁ」って(笑)3ヶ月もあれば十分。誰もが持ち合わせてる能力なんだから。

問題はこの次ですよ。書いたはいいけど誰も読んでないし!反響がないし!意味あんのかなぁって自問自答してしまう。ココが最大の壁かもしれない。

正直なところ、まだそんな稚拙な文章書いてんのかよ!って思ってしまうこともある。本人が楽しければそれでいいんだけど、せっかく書き続けてるのに、もっと工夫したらいいのに。余計なお世話ながらにそう感じてしまう。

それは書くことが目的になってしまってるからです。書き続けることが目標になってしまっているから。よく記事に番号つける人いるでしょ?あれって自分に課してるだけなんです。他人からしてみれば、あ、そう、くらいなものなのに。筋トレじゃあるまいし。

読んでもらい、反応してもらう。仕事につながればサイコーですよね。ブログで関係性を深める、ブログでビジネスが活性化する。だって書き続けるの大変でしょ。きっちり成果に結び付けないと。

〈伝わる文章を書く〉先ずはココを目指す。〈届けたい人に届ける〉次はココね。そして〈反響を獲る〉反響を呼ぶためには“研究”が必要です。

傾向と対策ってやつです。闇雲ではダメなんです。試行錯誤の繰り返しです。磨いて、磨いて、磨きまくるって感じ。研ぎ澄ませなきゃ。

「どの立ち位置で書くのか」「自分にしか書けないことは何か」「読み手は誰か」「どうエッジを立てるのか」ブログの基本は、自分にしか書けないことを他人に解りやすく書くこと。そして何よりも大切なのは“プロ意識”です。

極端な話、著名人や余程の人気者なら文章力は求められないと思うんです。その人が書くだけで価値があるから。短文の日記でも構わないと思う。ただし、ブログをビジネスに活用したいと考えているのであれば、プロ意識を持つことがマストです。

プロ意識が無いのならブログは書かない方が良い。ボクはそう思う。だってSNSあるし、役立つ情報なんてそこら辺に転がってるのだから。発信者なんて星の数ほどいるんですよ。その中から突出することがどれだけ難しいことか。

それでもやはりブログは書くべきです。ブログにはSNSにはない最大のメリットがあるから。1.記事をストックして置ける。2.検索される可能性がある。3.多くの情報を伝えることができる。大きな信頼を得られるチャンスがあるということ。

何を積み上げていくか。どう魅せるか。ブログ構築は実はめっちゃ楽しいんです。こだわればこだわるほど楽しい。コレが今のボクの実感です。ブログを画期的に上達させるたった一つの方法、それは”プロ意識”を育むことです。ブログをプロ仕様にモデルチェンジしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来年のスタートダッシュにいかがでしょうか。

【募集中】<SNSを最優先で考えるべき。〜フロリダ族 2018〜>

 

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP