コンサル

2018.3.15

  • 138
  • 0

知られていなければ存在しないのと一緒。応援されていなければ好かれていないのと同じ

知られていなければ存在しないのと一緒。応援されていなければ好かれていないのと同じ

当たり前のことだけど、師匠のコトバが身にしみます。「伝わっていなければ存在しないのと一緒だよ。」10年前に受けた衝撃が今もなおつづいています。

なぜ毎日ブログを書くのか、なぜ1日も欠かさずあらゆるSNSでコミュニケーションするのか。そして、なぜライブ配信、動画配信をはじめたのか、すべての答えはココに集約されます。

ライブ配信をやってみた

昨夜、はじめての『SOCCER BAKA TV』のライブ配信をしました。何の打ち合わせもなく、何のテーマも考えていないぶっつけ本番の約一時間、いったい誰が見るのだろうか、いや、別に誰もみなくてもいいし。そのくらい軽い感覚でいましたが、蓋を開けてみれば2000人の方々に視聴いただけたみたい、少なくとも2000人の人に知ってもらえたということになる。平均滞在時間は17分ほどでしたので、課題だらけのスタートとなりましたが、内容を磨きまくって継続をやめることなく確立していこうと思う。

さて問題はここから。なぜ2000人くらいの人が視聴してくれたのか、なぜ2000人ほどしか訪れなかったのかということ。この数字は内容の面白さとはあまり関係ありません。(第一回目だからね。)配信者のSNS上の影響力をあらわすバロメーターだと自覚しています。普段のSNS上での発信、振る舞いが数値化されてしまうのです。目を覆いたくもなるけど残念ながらコレが現実です。

それでもまずは知ってもらわなければ始まらないからね。知られていなければ存在しないのと一緒。応援されていなければ好かれていないのと同じと付け加えておく。

ライブ配信の可能性を感じた

ライブ配信はブログと同じくらいの破壊力を秘めている。そのくらいの可能性を感じた。

現在、ボクのブログの1記事あたりの平均pvは1000ほどあります。執筆には約一時間ほど要している。そう考えると、約一時間ほどのライブ配信で2000人もの視聴者を獲得できるのであれば、ブログと同じくらい、いや、もしかしたらブログ以上の効果を得られるかもしれません。

その後、編集を加えてYouTubeに投稿してもいいし、ブログに添付するのもありですし、広がりを予感させてくれます。

ただし、内容が面白くなければ拡散には至らないですし、リピートしてくれることもありません。たくさんの人たちを巻き込むためには企画力が欠かせません。そして表現力を少しずつ鍛錬すること、俄然やる気が出てきました。

多種多様の特性を持つ中でも何を選択してどう組み合わせていくのか。SNSがさらに楽しくなってきました。どちらにせよ深く、深く追求していきましょう。

そんなわけでボクのライブ配信『soccer-baka TV 』は引き続きツイッターよりお届けする予定です。サッカーだけではなく、ブログ講座の様子など多岐にわたり活用していきたいな。

まずはボクのツイッターのフォローをヨロシクね。できれば通知が来るようにしておいて欲しいです。

〈了〉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの集中トレーニングをやりますっ!

詳しくは<アフター・ガナーズ>まで。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP