日記

2014.10.10

  • 0
  • 0

自分の価値観は正義ではない。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

2013-09-02 14.12.57 のコピー
将来なりたい姿と、今置かれてる現実。

そのギャップに苦しみ、そして何とか打破できないだろうかと、必死で立ち上がろうとする。自分自身の不甲斐なさとか、未熟さに打ちひしがれる、この繰り返しは幾つになっても変わらない。前進するということは、こういうことだろう、ボクはいつもこう折り合いをつける。

やり甲斐とか、生き甲斐は、本当に尊いものだと思う。ここを追求すればするほど苦しさも増すばかりなのはわかっているけと、これ無しでは到底生きていけない。ボクはそういう性質の人だから。

うろおぼえなんですが、北欧の人たちは、自殺者が多いらしい、社会保障の充実だけでは人は生きていけないのだろうか?確かに、アフリカの貧しい人たちは、自殺など考えていないだろう。生きていくので必死だから。

生き甲斐、存在価値、そこを求めるのってとっても贅沢なことなのかもしれないけど、喜びとか幸福感とか、それは、対象が変わろうと人には不可欠のもの、

せっかくの人生だし、自分が幸せだと思うように生きたい。

ただ、気をつけなきゃいけないのは、これはあくまでもボクの価値観であって、他人にとやかくいう資格はないということ。

自分の価値観は正義ではない。

他人を裁いたり、他人を不甲斐なく感じる、そういう傲慢な部分がボクにはある。
何だか妙にそんなことを思う、その原因は、今が閑散期だから 笑

閑散期に、いや閑散期にしか気づけないことがあります。

毎年同じ。過ごしやすい季節には哀愁がよく似合います。
さてさて、そうはいっても繁忙期はもう目の前。

昼は打ち合わせ、そして夜は講習会です。

さ、ガンバロー^ – ^
それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP