サッカー馬鹿

2018.4.12

  • 40
  • 3

都倉賢のアディショナル弾で敗戦。力が足りないから負けたのだとシンプルに捉えている。<J1 第7節 札幌1-0湘南>

都倉賢のアディショナル弾で敗戦。力が足りないから負けたのだとシンプルに捉えている。

J1 第7節 コンサドーレ札幌1-0湘南ベルマーレ/札幌ドーム(11183)
90+1分 都倉 賢(札幌)

総力戦という言葉が相応しい試合だった。

ワールドカップ中断期間の影響で、週二開催の超過密日程が余儀なくされるリーグ戦において、走力で立ち向かう湘南は調子の良い高橋 諒が前節につづいてのスタメン、シャドウには東京戦以来のリーグ戦先発復帰の梅崎 司、端戸 仁がリーグ戦初のスタメンに名を連ねた。

中3日の試合にもかかわらず湘南はこれまでどおり前線からの活発にプレッシング仕掛けボール奪取を試みる、奪ったボールを素早く前線のイ・ジョンヒョプに当てる。後方から一気に前線に駆け上がる。アグレッシブな湘南スタイルはこの日も健在だった。

対する札幌は3日前に行われた前節と同様のメンバーで挑む。「チームは立ち上がりから何としてもこの試合に勝つぞという強い意志を持って入ってくれた」ミシャ(ペトロビッチ監督)の言葉どおり、札幌は鬼気迫る勢いで湘南ゴールに迫るもなかなか得点には至らない。

幾度となく訪れたシュートシーンも湘南ディフェンス陣が冷静に対応、最後のところでも相手から体を離すことはなかった。「ポジショニングを間違えなければアクシデントはほとんど起こらない。」前節勝利した鹿島戦での曺監督の言葉が脳裏をよぎる。

食らいつく札幌ディフェンスを前になかなか崩しきれない湘南だったが、奇をてらうサインプレーを魅せるなどセットプレーの精度に可能性を感じた。

58分に梅崎から高山 薫へ、73分には端戸から松田天馬へスイッチ。前線からの圧力を加え自らのスタイルを貫く湘南。それでも劣勢が覆ることはなく86分にイ・ジョンヒョプに代えて野田 隆之介を投入。ボール奪取に奔走しドロー決着を狙うもアディショナルタイムに都倉 賢にゴールを奪われ万事休す。最後までマークを外すことなく万全のカバーリングで対処してはいたが最後の最後で相手の気迫に屈した。

力不足と潔さを見せつつも、「今日の試合から学んだことを次に生かしていかないと意味がない」と次戦に向けて切り替える曺監督。体力的に厳しい15連戦でも湘南スタイルを貫く覚悟がある。悔しい敗戦も選手のハードワークを讃えることを忘れなかった。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP